Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 埼玉大学の学生が知事に直接政策を提言 -県産木材の利用促進やがん検診受診率向上など5テーマ-

ここから本文です。

 

発表日:2019年11月1日14時

県政ニュース

埼玉大学の学生が知事に直接政策を提言 -県産木材の利用促進やがん検診受診率向上など5テーマ-

部局名:企画財政部
課所名:計画調整課
担当名:総括担当
担当者名:小暮、福田

内線電話番号:2134
直通電話番号:048-830-2134
Email:a2130@pref.saitama.lg.jp

埼玉県と埼玉大学は、若者の感性を県政に生かすとともに、学生に生きた学習の場を提供することを目的に、平成22年度から学生による知事への政策提言を行っています。

約半年にわたり、学生は県職員による出前講座の受講や、現地調査を行いながら政策研究を進めてきました。

年度は次の5つのテーマについて提言をまとめ、「知事と学生の意見交換会」を開催します。

1 政策提言のテーマ

(1)県産木材の利用促進

(経済学部  江口幸治准教授ゼミ)

(2)つながるアプリ  -スマートフォンを活用した引きこもり支援策-

(経済学部  松本正生教授ゼミ)

(3)20~30代女性の子宮頸がん検診受診率の向上に対する政策

(経済学部  齋藤友之教授ゼミ)

(4)歩行者優先! -ストレスフリー横断歩道を目指して-

(工学部 久保田尚教授ゼミ)

(5)親子のあーっとホーム計画(仮) 

(経済学部  内田奈芳美准教授ゼミ)

2 日時

令和元年11月8日(金曜日)午後1時30分から午後3時30分まで

3 会場

埼玉大学  研究機構棟7階  大会議室(埼玉県さいたま市桜区下大久保255)

4 主な出席者

埼玉県  大野元裕知事

埼玉大学  重原孝臣副学長、指導教授、政策提言を行う学生約80人

5 概要

  • 学生による政策提言及び知事との意見交換
  • 知事による全体講評

6 過去に提言が反映された主な事例

  • インスタグラムを活用し、学生がPR大使となって県産農産物の魅力を発信
  • 県内公園のウォーキングコースに企業協賛を得て消費カロリー表示看板を設置
  • 自主防犯活動の活性化のため、県職員有志による「県庁防犯隊」を発足

昨年度の様子

※どなたでも聴講いただけます。事前の手続は不要ですので、当日、直接会場へお越しください。

※取材を希望する場合は事前に御連絡ください。

県政ニュースのトップに戻る