Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年10月 > 令和元年台風第19号による災害にかかる災害救助法の適用について

ここから本文です。

 

発表日:2019年10月12日23時

県政ニュース

令和元年台風第19号による災害にかかる災害救助法の適用について

部局名:危機管理防災部
課所名:消防防災課
担当名:森、萩野

内線電話番号:8181
直通電話番号:048-830-8181
Email:a3165-55@pref.saitama.lg.jp

令和元年台風第19号による災害により、県内市町村において多数の者が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じ、避難して継続的に救助を必要としているため、災害救助法を適用します。

 1 適用市町村(大雨特別警報が発表された10市16町1村)

熊谷市、秩父市、飯能市、本庄市、東松山市、狭山市、深谷市、入間市、坂戸市、日高市、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、東秩父村、美里町、神川町、寄居町

 2 法適用日

令和元年10月12日

 3 適用基準

災害救助法施行令第1条第1項第4号

多数の者が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じた場合であって、内閣府令で定める基準(災害が発生し、又は発生するおそれのある地域に所在する多数の者が、避難して継続的に救助を必要とすること)に該当すること。  

(参考)災害救助法について

災害救助法は、災害に対して、国が地方公共団体や国民の協力の下に、応急的に必要な救助を行い、被災者の保護と社会秩序の保全を図るために制定されたものです。

この法律が適用されると、被災者の救助に要する費用は、都道府県が支払うことになります。(その一部については、国が負担することになります。)

救助の種類は、避難所の設置、食料・飲料水の供給、土石等の障害物の除去などです。 

県政ニュースのトップに戻る