Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年9月 > オリックス資源循環株式会社による廃棄物系バイオマスの発電事業について

ここから本文です。

 

発表日:2019年9月13日14時

県政ニュース

オリックス資源循環株式会社による廃棄物系バイオマスの発電事業について

部局名:環境部
課所名:資源循環推進課
担当名:資源循環工場・循環型社会推進担当
担当者名:福原・野平

内線電話番号:3103
直通電話番号:048-830-3103
Email:a3100-04@pref.saitama.lg.jp

オリックス資源循環株式会社では、埼玉県が寄居町に整備した彩の国資源循環工場内で廃棄物系バイオマスによるバイオガス発電事業を計画しています。

この度、事業開始に向け、オリックス資源循環株式会社と県、寄居町、小川町、地域住民との間で、独自の環境基準、住民による監視活動等を定めた「彩の国資源循環工場運営協定」を締結することになりました。

事業の概要

庭や事業所から発生する食品廃棄物、紙ごみ、草木類等を受入れ、機械式選別装置により効率的にバイオマスを分別します。分別したバイオマスを国内では最大規模となる乾式メタン発酵槽で処理し、発生したバイオガスを燃料として発電を行います。

工場運営協定

1 協定の締結

 

寄居町

小川町

日時

令和元年9月19日(木曜日)

14時

令和元年9月19日(木曜日)

16時

場所

寄居町役場

小川町役場

出席者

埼玉県

環境部長 小池要子(知事代理)

寄居町

町長 花輪利一郎

オリックス資源循環株式会社

代表取締役 花井薫一

寄居町連合環境協議会

会長 原口孝

埼玉県

環境部長 小池要子(知事代理)

小川町

町長 松本恒夫

オリックス資源循環株式会社

代表取締役 花井薫一

 

2 協定の内容

(1)情報開示及び監視体制

廃棄物の搬入状況、環境測定の結果、運転状況等の備え付け及び閲覧

寄居町が委嘱する監視員による監視活動の実施

(2)環境測定・検査

事業者及び県による大気、水質、悪臭等の測定実施

(3)地元産業の活性化

寄居町、小川町の雇用拡大、地元関連産業の活用

(参考)

事業者の概要

名称  オリックス資源循環株式会社

代表取締役 花井薫一

本社  東京都港区芝浦

今後のスケジュール(予定)

令和2年1月 工事着工

令和3年度下期 施設稼働

彩の国資源循環工場

彩の国資源循環工場は環境整備センター(県直営の廃棄物埋立処分場)内に民間のリサイクル施設を誘致し、循環型社会の形成を目指すモデル施設です。

(現在、8施設が稼働中です。)

県政ニュースのトップに戻る