Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年8月 > 大規模地震時医療活動訓練を9月7日(土曜日)に実施します  首都直下地震を想定した全国規模の医療連携訓練を4年振りに実施

ここから本文です。

 

発表日:2019年8月30日14時

県政ニュース

大規模地震時医療活動訓練を9月7日(土曜日)に実施します  首都直下地震を想定した全国規模の医療連携訓練を4年振りに実施

部局名:保健医療部
課所名:医療整備課
担当名:地域医療対策担当
担当者名:藤原・外園・守安

内線電話番号:3642
直通電話番号:048-830-3643
Email:a3530-02@pref.saitama.lg.jp

  本県では、首都直下地震(地震規模M7.3、県内最大震度6強)の発生を想定した大規模地震時医療活動訓練を9月7日(土曜日)に4年振りで実施します。

  訓練は県危機管理防災センターや災害拠点病院、航空自衛隊入間基地、山形空港などを会場とし、DMATや災害支援ナースをはじめとする保健医療活動チームのほか、医療機関や関係団体、企業、行政などが参加します。

  県では、本訓練を通して関係機関の対処能力と連携の向上を図るとともに活動の実効性を検証し、大規模災害への備えを強化してまいります。

1 主催

埼玉県

2 日時

令和元年9月7日(土曜日)午前7時30分~17時(会場により異なる)

3 主な会場

⑴航空自衛隊入間基地  ⑵災害拠点病院  ⑶県危機管理防災センター

4 県内の主な参加機関(一部略称)

  • 県(保健所、防災航空センター他)、県警察本部(航空隊他)
  • 災害拠点病院(21病院)と所属DMAT(災害派遣医療チーム)川口市立医療センター、自治医科大学附属さいたま医療センター、埼玉医科大学
  • 総合医療センター、北里大学メディカルセンター、埼玉県済生会栗橋病院、深谷赤十字病院、さいたま赤十字病院、獨協医科大学埼玉医療センター、さいたま市立病院、防衛医科大学校病院、埼玉県済生会川口総合病院、埼玉医科大学国際医療センター、行田総合病院、新久喜総合病院、国立病院機構埼玉病院、草加市立病院、埼玉医科大学病院、さいたま市民医療センター、上尾中央総合病院、羽生
  • 総合病院、県立小児医療センター
  • 災害医療コーディネーター、透析災害医療コーディネーター、災害時小児周産期リエゾン
  • 県医師会、県歯科医師会、県薬剤師会、県看護協会、県助産師会、県柔道整復師会、日本赤十字社埼玉県支部
  • JMAT埼玉(日本医師会災害医療チーム)、埼玉JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)、DPAT(災害派遣精神医療チーム)、災害支援ナース
  • 県トラック協会、県バス協会、県医薬品卸業協会、日本産業・医療ガス協会関東地域本部、東日本高速道路(株)関東支社
  • 航空自衛隊中部航空方面隊、陸上自衛隊第1師団第32普通科連隊・第1飛行隊
  • 川口市消防局、草加八潮消防局
  • 草加市、八潮市水道部
  • 上尾中央看護専門学校、入間看護専門学校、幸手看護専門学校
  • その他、一般病院や関係省庁、本県患者の空路搬送先となる山形県、県内にDMATを派遣する群馬県など。

5 主な訓練内容

⑴保健医療調整本部訓練【会場県危機管理防災センター】

  限られたマンパワーや物資などの医療資源を被災地の需要に応じ調整するとともに、DMATなど様々な保健医療活動チームの関係者が集まり情報を共有し、保健医療活動を総合調整する訓練を実施します。

⑵DMAT受入・派遣訓練、患者搬送訓練【会場各災害拠点病院】

  県内外から派遣されたDMATが被災した災害拠点病院を支援するとともに、地域の医療機関の被災情報の収集・支援を行います。また、県のドクターヘリや防災ヘリ、県警ヘリ、陸上自衛隊ヘリなどによる患者等搬送訓練を行います。

  さらに、草加市立病院では、日本赤十字社埼玉県支部が移動型の仮設診療所を屋外に展開して診療訓練を行うほか、仮設の診療所で保健医療活動団体と行政職員が救護所診療訓練や避難所運営訓練を行います。

⑶SCU訓練【会場航空自衛隊入間基地】

県内では収容できない重症患者をSCU内に集約し、自衛隊機で山形県内の医療機関に航空搬送します。

⑷ロジスティックス(後方支援)訓練【各会場】

災害時に不足する水や医薬品等を支援する訓練を行います。

 

参考1  DMAT(災害派遣医療活動チーム:Disaster Medical AssistanceTeamの略)とは

災害の急性期に災害現場で救命処置等に対応できる機動性を備え、専門的なトレーニングを受けた医療チーム。

参考2  災害拠点病院とは

被災地内の医療確保や被災地外への医療支援等を行うため整備された病院。

国の定める災害医療支援機能と24時間対応可能な救急体制を確保している。

参考3  ドクターヘリとは

救急医療用の医療機器を装備したヘリコプターで救急医療の専門医及び看護師が同乗し救急現場に向かい、現場等から医療機関に搬送するまでの間、患者に救命医療を行うことができる。

参考4  SCU(広域搬送拠点臨時医療施設:Staging Care Unitの略)とは

集約された患者の搬送順位を決めるトリアージや航空搬送に耐えうるような安定化処置を継続するための臨時医療施設で県外搬送の医療拠点。

県政ニュースのトップに戻る