Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年8月 > 平成30年度子どもスマイルネットの運営状況について  子供の権利侵害などの電話相談が3,188件

ここから本文です。

 

発表日:2019年8月20日14時

県政ニュース

平成30年度子どもスマイルネットの運営状況について  子供の権利侵害などの電話相談が3,188件

部局名:福祉部
課所名:こども安全課
担当名:児童権利擁護担当
担当者名:木村

直通電話番号:048-834-8755
Email:a3340-02@pref.saitama.lg.jp

  埼玉県子どもの権利擁護委員会(愛称「子どもスマイルネット」)は、平成14年度に都道府県では全国で初めて条例により設置された、子供を権利侵害から救済する機関です。いじめ、虐待、体罰など権利侵害に悩む子供や親などからの相談を受け、公平で専門的な立場から子供自身の声を聴き、関係機関への調査や働き掛けを行っています。

  平成30年度の運営状況を取りまとめたので公表します。

1 電話相談の状況

  • 電話相談件数は3,188件(平成29年度3,407件、対前年度比約6%減)で、そのうち子供からの相談は472件(平成29年度602件、対前年度比約22%減、相談件数全体の約15%)でした。
  • 最も多かった相談は、家庭環境や養育不安、子供の性格・行動など、大人からの「子育て」に関する相談1,440件(全体の約45%)でした。
  • 「子育て」の次に多かった相談は、「思春期」に関する相談396件(全体の約12%)で、うち子供本人からの相談が239件でした。
  • 権利侵害に関わる相談では、「いじめ」に関する相談が87件、「虐待」に関する相談が37件、「体罰」に関する相談が12件ありました。

 

いじめ

虐待

体罰

不登校

学校の対応等

交友関係

思春期

子育て

その他

合計

 87

37

12

103

158

140

396

1,440

815

3,188

2.7%

1.2%

0.4%

3.2%

5.0%

4.4%

12.4%

45.2%

25.6%

100%

子供

 41

18

4

 4

 35

58

239

-

73

 472

 8.7%

3.8%

0.8%

0.8%

7.4%

12.3%

50.6%

-

15.5%

100%

※下段は、うち子供本人からの相談件数

2 委員会による調査・調整の状況

  • いじめ、虐待、体罰など権利侵害に関わる救済を求める相談については、希望により調査専門員(大学教授等)が面接相談を行っています。

         新規の面接相談は、いじめ4件、学校の対応等5件、その他1件でした。

  • 前年度から継続している3件と合わせた13件について、委員会での委員(社会福祉士、弁護士、大学教授)による延べ80回の審議等を踏まえ、調査専門員が相談者との面談や、学校等の関係機関への訪問など、繰り返し52回の調査・調整活動を行いました。

         その結果、13件のうち5件に改善などが見られ、相談者の意思を確認のうえ、終結となりました。(残り8件については、現在も調整中)

 

いじめ

虐待

体罰

不登校

学校の対応等

その他

合計

新規

4

0

0

0

5

1

10

継続

1

0

0

0

2

0

3

運営状況の詳細については、埼玉県のホームページから御覧いただけます。

平成30年度埼玉県子どもの権利擁護委員会運営状況報告書

子供(原則18歳未満)に関する悩みは、どんなことでも「子どもスマイルネット」に御相談ください。

相談専用電話番号  048-822-7007

祝日、年末年始を除く毎日  午前10時30分から午後6時まで

  いじめ、虐待、体罰など権利侵害についての相談は、「子どもの権利擁護委員会」の調査専門員が直接会って子供の気持ちや希望をじっくり聴きます。

  「子どもの権利擁護委員会」は、子供の気持ちを最優先にして、一番良い方法を考えて活動します。子供に代わって、先生など周りの人に協力をお願いしたりすることができます。

 

県政ニュースのトップに戻る