Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年8月 > 埼玉県食品バイオマス活用推進10周年記念研修会の開催  バイオマスってご存知ですか?「食品リサイクル」の“今”と“これから”

ここから本文です。

 

発表日:2019年8月6日14時

県政ニュース

埼玉県食品バイオマス活用推進10周年記念研修会の開催  バイオマスってご存知ですか?「食品リサイクル」の“今”と“これから”

部局名:農林部
課所名:農業ビジネス支援課
担当名:農商工連携・6次産業化担当
担当者名:野崎、谷内

内線電話番号:4095
直通電話番号:048-830-4095
Email:a4105-09@pref.saitama.lg.jp

玉県では、埼玉県食品バイオマス資源循環推進研究協議会※の設立10周年を記念して研修会を開催します。研修会では、これからの食品リサイクルを考えるために10年間の歩みを振り返ります。

場では、食品リサイクル肥料の展示・配布やそれらの肥料を使って生産された農産物等を味わう企画も用意しています。

※協議会は、埼玉大学のほか、県内食品リサイクル事業者や食品排出事業者、肥料製造事業者、農業者、環境関係団体などで構成されています。

1 日時

令和元年8月27日(火曜日)午後1時から5時

2 会場

埼玉大学 経済学部A棟 4階(さいたま市桜区下大久保255)

※駐車場のご用意はありませんので、バス等をご利用ください。

3 定員

140人(申込順) 参加無料

4 内容

(1)講演

ア  県内の食品リサイクル事業の始まりの頃

埼玉大学 名誉教授 西山 賢一 氏

イ  食品バイオマスの資源化とリサイクル10年の歩み

JAくまがや 経済部生産指導課 土壌診断室 技術参与

(元埼玉県農林総合研究センター 副所長) 相崎 万裕美 氏

ウ  県内の特徴ある農山村バイオマスの取組について

埼玉大学大学院 人文社会科学研究科 准教授 江口 幸治 氏

(2)食品リサイクル肥料の展示・PR

(3)食品リサイクル肥料を使って生産された農産物等の試食・PR

5 問合わせ・申込先

埼玉県農林部農業ビジネス支援課  農商工連携・6次産業化担当

〒330-9301 さいたま市浦和区高砂3-15-1

電話 048-830-4095

ファックス 048-830-4830

E-mail  a4105-09@pref.saitama.lg.jp

  【申込締切】令和元年8月20日(火曜日)(必着)

県政ニュースのトップに戻る