Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年7月 > 埼玉県庁もテレワーク・デイズに参加します

ここから本文です。

 

発表日:2019年7月17日14時

県政ニュース

埼玉県庁もテレワーク・デイズに参加します

部局名:企画財政部
課所名:改革推進課
担当名:AI推進担当
担当者名:上田、小野澤

内線電話番号:2441
直通電話番号:048-830-2442
Email:a2440-11@pref.saitama.lg.jp

務省や厚生労働省等が関係団体等と連携し、2020年までの毎年、東京オリンピックの開会日である7月24日を「テレワーク・デイ」と位置付けて、自治体や企業等にテレワークの全国一斉実施を呼び掛けています。

年は東京2020大会に向けたテストとして、7月22日(月曜日)から9月6日(金曜日)までを「テレワーク・デイズ2019」の実施期間とし、3,000団体・延べ60万人の参加を目指しています。

そこで、本県でも、昨年度から期間、内容、対象を拡大し、集中的にテレワークを行う取組を実施します。

1 取組内容

(1)庁内一斉サテライト勤務

テレワーク・デイズ期間中、庁内一斉にサテライトオフィス(16か所)での勤務を推進する。

<対象>知事部局、下水道局、監査事務局、人事委員会事務局、教育局

(2)モバイル勤務・在宅勤務の試行

より一層の総労働時間の短縮(時間外勤務の縮減)を図るため、時間や場所にとらわれない職員の多様な働き方について検証する。

<対象>改革推進課・情報システム課・人事課の職員のうち、育児・介護を行う職員

※モバイル勤務…出張先やその経路上でのパソコン等を使用した勤務

※在宅勤務…自宅等でのパソコン等を使用した勤務

2 取組期間

令和元年7月22日(月曜日)~9月6日(金曜日)

※テレワーク・デイズ2019と同一期間

≪参考1:埼玉県庁のサテライト勤務について≫

運用開始

平成29年10月~

設置目的

  • 育児や介護を行う職員が自宅近くのサテライトオフィスで勤務することにより職員のワークライフバランスや生産性の向上を図る。
  • 出張時に用務先の近くのサテライトオフィスでメールの確認や報告書等の書類作成を可能とすることにより、業務効率化を図る。

サテライトオフィス

  • 以下の16か所の庁舎の空きスペースを活用して設置
  • 各種業務システムや電子メールの利用が可能

〔設置庁舎〕

(1)本庁舎(職員会館)(2)上尾地方庁舎(3)春日部地方庁舎(4)越谷合同庁舎(5)川越地方庁舎(6)朝霞地方庁舎(7)所沢地方庁舎(8)熊谷地方庁舎(9)熊谷県土整備事務所(10)本庄地方庁舎(11)飯能県土整備事務所(12)東松山県土整備事務所(13)秩父地方庁舎(14)大宮公園事務所(15)東京事務所(16)久喜図書館

≪参考2:平成30年度のテレワーク・デイズにおける庁内の取組≫

(1)取組期間

平成30年7月23日(月曜日)~7月27日(金曜日)

(2)対象

本庁に勤務する企画財政部の主幹級以上の職員

(3)実績

56人

(4)取組内容

庁内一斉サテライト勤務

県政ニュースのトップに戻る