Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年6月 > 県立近代美術館 子供のためのワークショップ「MOMAS(もます)のとびら」夏休み特別版!「サマー・アドベンチャー2019」を開催します

ここから本文です。

 

発表日:2019年6月20日14時

県政ニュース

県立近代美術館 子供のためのワークショップ「MOMAS(もます)のとびら」夏休み特別版!「サマー・アドベンチャー2019」を開催します

部局名:教育局
課所名:近代美術館
担当名:教育・広報担当
担当者名:矢嶋・飯田

直通電話番号:048-824-0110
Email:p240111@pref.saitama.lg.jp

県立近代美術館では、子供のためのワークショップ「MOMASのとびら」の夏休み特別版として、8月に「サマー・アドベンチャー2019」を開催します。

MOMASのとびら」は、土曜日に美術館の作品などをもとに制作活動などを行う、小さな子供から大人まで様々な年代の方が楽しめるプログラムです。

回、子供の夏休み期間の8月には、アーティストを講師に招いて行う期間限定の特別なプログラムも実施します。美術館ならではのプログラムで皆様をお待ちしています。

※「MOMAS(もます)」は埼玉県立近代美術館(The Museum of Modern Art, Saitama)の略称

1「サマー・アドベンチャー2019」の内容

(1)『フリープログラムDAY!(1)「洗濯ばさみで絵を描こう!」(2)「つなげて遊ぼう!」(3)「キラキラ★カチカチスプーンワールド」』

ア  日時

8月3日(土曜日)(受付:随時※混雑時入場制限有り)

午前の部:10時30分~12時30分

午後の部:13時30分~16時00分

イ 場所

(1)地下1階センターホール

(2)・(3)講堂

ウ 対象  幼児から大人まで

エ 定員  なし※フリー参加(未就学児は保護者同伴)、各会場で随時受付

オ 費用  無料

(2)『アーティストから「カタチの挑戦状」が届く!~カタチの言葉で対話しよう~』(事前申し込み制プログラム)

ア 日時

8月10日(土曜日)

10時30分~16時00分(10時15分受付)

イ 場所  集合:1階ロビー活動:3階創作室

ウ 内容  アーティストにもらう手がかりからイメージを広げて、ダンボールで作品を作ります。

エ 講師  高田 洋一 氏(美術家)

オ 対象  小学1年生から大人まで

カ 定員  30名

キ 費用  無料

ク 持ち物  汚れてもよい服装

(3)「もう一人の自分、私の影は何色?」(事前申し込み制プログラム)

ア 日時

8月17日(土曜日)

午前の部:10時30分~12時30分(10時15分受付開始)

午後の部:14時00分~16時00分(13時45分受付開始)

イ 場所  3階創作室

ウ 内容  自分の影を写しとって、色を重ねてぬっていきます。

エ 講師  青木 聖吾 氏(美術家)

オ 対象  親子

カ 定員  各回10組

キ 費用  無料

ク 持ち物  汚れてもよい服装

(4)「みる+つくる企画展物語」(事前申し込み制プログラム)

ア 日時

8月24日(土曜日)13時30分~15時00分(13時15分受付開始)

イ 場所  3階創作室

ウ 内容  企画展『May I Start?計良宏文の越境するヘアメイク』を美術館スタッフと一緒に鑑賞し、展示にちなんだ簡単な制作をします。

エ 対象  小・中学生

オ 定員  30名

カ 費用  無料

2「サマー・アドベンチャー2019」の申込方法

アーティストから「カタチの挑戦状」が届く!~カタチの言葉で対話しよう~』、「もう一人の自分、私の影は何色?」、「みる+つくる企画展物語」は事前申し込みが必要です。参加を御希望の方はホームページから電子申請、又は「サマー・アドベンチャー2019申込用紙」(館内で配布するチラシの裏面又はホームページからダウンロード)に必要事項を記入の上、ファックスで送信又は当館1階総合受付に御提出ください。7月1日(月曜日)から受付を開始し、1週間経った時点で定員を超えた場合は、抽選とします。

県立近代美術館ホームページ:http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

3 その他の夏休み特別プログラム

7月20日(土曜日)から8月25日(日曜日)までの休館日を除く毎日、美術館を楽しむためのガイドデスク「夏休みMOMASステーション」を1階ロビーに設置し、教育・普及サポート・スタッフ(ボランティア)が館内の案内などを行います。夏休みの宿題の相談でも御利用ください。

【お問合せ先】

県立近代美術館  教育・広報担当  矢嶋・飯田(電話 048-824-0110)

【参考情報】県立近代美術館ホームページ:http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

公式Twitter:https://twitter.com/momas_kouhou

公式Facebook:https://www.facebook.com/momaspr

公式YouTube:https://www.youtube.com/user/momasjp

県政ニュースのトップに戻る