Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年6月 > さいたま文学館  企画展 「絵本作家・飯野和好  おっと、とうげのなかまたちでぃ!」の開催について

ここから本文です。

 

発表日:2019年6月28日14時

県政ニュース

さいたま文学館  企画展 「絵本作家・飯野和好  おっと、とうげのなかまたちでぃ!」の開催について

部局名:教育局
課所名:文化資源課
担当名:さいたま文学館駐在
担当者名:大塚

直通電話番号:048-789-1515
Email:info@okegawa-culpro.jp

さいたま文学館では、7月20日(土曜日)から企画展「絵本作家・飯野和好おっと、とうげのなかまたちでぃ!」を開催します。

企画展では、埼玉出身の絵本作家・飯野和好氏の直筆原画の展示を行います。主に「ねぎぼうずのあさたろう」や「みずくみに」といった埼玉と縁のある作品の展示を中心に、飯野和好作品の魅力を紹介します。

また、関連事業として、飯野和好氏による絵本読み語りを開催します。

企画の概要

1 作家の紹介

ねぎぼうずのあさたろう」や「くろずみ小太郎旅日記」などのシリーズで知られる埼玉出身の絵本作家・飯野和好氏。その絵本は、土着的でのびやかな画風とチャンバラ時代劇や股旅ものなどをもとにしたユニークなストーリーで、子供達から絶大な人気を集めています。

野氏は昭和22(1947)年に秩父郡長瀞町の農家に生まれ、中学卒業まで過ごしました。この生まれ育った秩父での体験が、絵本の世界に影響を与えています。

本企画展では、直筆原画やラフスケッチなどの資料をもとに、飯野和好作品の魅力をご紹介します。

2 会期

令和元年7月20日(土曜日)から9月8日(日曜日)まで

※休館日:月曜日(ただし8月12日は開館)、7月23日(火曜日)、8月13日(火曜日)、8月27日(火曜日)

3 会場

さいたま文学館 企画展示室

所在地:桶川市若宮1-5-9

交通:JR高崎線桶川駅西口から徒歩約5分

4 開館時間

午前10時から午後5時30分まで(観覧受付は午後5時まで)

5 観覧料

一般210円  学生・生徒100円

(中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介助の方1名は無料)

6 展示構成

(1)絵本作家・飯野和好とは
(2)初期の絵本作品
(3)長瀞と絵本~原体験から生まれた作品~
(4)飯野和好の代表作品
   ミニコーナー

7 関連事業

(1)絵本読み語り「おっと、痛快絵本の読み語りの旅でぃ!~桶川の宿~その1」

日時:令和元年7月27日(土曜日)13時30分~15時00分

会場:文学ホール(定員200名)

講師:飯野 和好氏

(2)絵本読み語り「おっと、痛快絵本の読み語りの旅でぃ!~桶川の宿~その2」

日時:令和元年8月31日(土曜日)13時30分~15時00分

会場:文学ホール(定員200名)

講師:飯野 和好 氏

※その1、その2では内容が異なります。

(1)(2)のいずれも当館に電話(048-789-1515)でお申し込みください(先着順・参加費無料)。

県政ニュースのトップに戻る