Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年6月 > 県立歴史と民俗の博物館  企画展「北沢楽天と時事漫画」の見どころについて

ここから本文です。

 

発表日:2019年6月27日14時

県政ニュース

県立歴史と民俗の博物館  企画展「北沢楽天と時事漫画」の見どころについて

部局名:教育局
課所名:歴史と民俗の博物館
担当名:展示担当
担当者名:堀口

直通電話番号:048-645-8171
Email:m410890@pref.saitama.lg.jp

  県立歴史と民俗の博物館では、令和元年7月13日(土曜日)から9月1日(日曜日)まで、企画展「北沢楽天と時事漫画」を開催します。「近代漫画の父」と呼ばれる漫画家、北沢楽天の作品から、新聞の日曜版として刊行された「時事漫画」を中心に展示する展覧会です。北沢楽天は、さいたま市(旧大宮市)の名誉市民です。

1  企画展の概要

(1)会期  令和元年7月13日(土曜日)~9月1日(日曜日)

(2)休館日  月曜日(ただし7月15日、8月12日は開館します。)

(3)開館時間  9時~17時(観覧受付は16時30分まで)

(4)会場  県立歴史と民俗の博物館特別展示室

(5)観覧料  一般400円、高校生・学生 200円

               (20名以上の団体一般250円、高校生・学生150円)

                 ※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(付添1名)は無料

(6)アクセス  東武アーバンパークライン(野田線)大宮公園駅から徒歩5分

                    ※駐車台数に限りがあります(18台)。公共交通機関を御利用ください。

2  見どころ

(1)当館所蔵の「時事漫画」を一挙に公開します

  「時事漫画」は新聞「時事新報」の日曜版付録として大正10年(1921)に創刊されました。時局を反映した資料として、これまでも常設展示室などで一部を展示してきましたが、特別展示室を使っての展示は今回が初めてです。

(2)北沢楽天の人物像や描いた「漫画」について深く知ることができます

  北沢楽天は「時事漫画」以外にも、雑誌『東京パック』の刊行など多くの仕事を行いました。日本における「漫画家」の先駆けとして「近代漫画の父」とも呼ばれる楽天の業績を通じて、「漫画」の誕生を紹介します。

(3)さいたま市立漫画会館と協力した展示、イベントを開催します

  楽天の死後、さいたま市立漫画会館に寄贈された原画や絵画などの貴重な資料を、同館の協力を得て展示します。また、記念講演会には北沢楽天顕彰会から講師を招くなど、連携したイベントを開催します。

3  関連事業

(1)記念講演会

     「日本で初めての漫画家」

      【講師】あらい  太朗  氏

               (北沢楽天顕彰会理事、漫画家)

                 高見澤  妙子  氏

               (北沢楽天顕彰会会員、さいたま市立漫画会館元館長)

       【日時】令和元年7月27日(土曜日)14時00分~15時30分(当館講堂)

(2)ジュニア博物館講座

     「はくぶつかんのおしごと体験」

    【日時】令和元年8月17日(土曜日)10時30分~12時00分

             (当館講堂・講座室・特別展示室)

(3)漫画家による似顔絵実演

       7月13日(土曜日)、8月24日(土曜日)

       いずれも13時30分~16時30分

       北沢楽天顕彰会会員の漫画家を招き、似顔絵を描いていただけるコーナーを設けます。先着順(一日10~15名程度)。

(4)展示解説

       7月21日(日曜日)、8月4日(日曜日)、8月18日(日曜日)、9月1日(日曜日)

       いずれも13時30分~14時00分

       学芸員が展示解説を行います。事前申込は不要です。

4  その他

【主催】県立歴史と民俗の博物館

【協力】さいたま市立漫画会館、北沢楽天顕彰会

【後援】埼玉新聞社、テレ玉、FM NACK5

 

※関連事業の詳細はホームページ  埼玉県博  検索

http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/)を御覧ください。

 

県政ニュースのトップに戻る