Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年6月 > 姉妹州・ブランデンブルグ州でのラグビー親善試合に参加した県内大学ラグビー部が知事へ報告します  ワールドカップ開催年 ラグビーが築いた国際交流

ここから本文です。

 

発表日:2019年6月27日14時

県政ニュース

姉妹州・ブランデンブルグ州でのラグビー親善試合に参加した県内大学ラグビー部が知事へ報告します  ワールドカップ開催年 ラグビーが築いた国際交流

部局名:県民生活部
課所名:国際課
担当名:国際戦略担当
担当者名:柳沢・佐藤

内線電話番号:2713
直通電話番号:048-830-2713
Email:a2705-09@pref.saitama.lg.jp

埼玉県と姉妹提携を結んでいるドイツ・ブランデンブルグ州では、例年ジュニア(6~16歳)向けのラグビー大会「サンスーシ・カップ」が開催されています。

今年は、本県でのラグビーワールドカップ2019™の開催及び同州との姉妹提携20周年を記念し、「サンスーシ・カップ」に合わせて青少年(18~26歳・男子)向けのフレンドリーマッチが特別に実施されました。

このフレンドリーマッチに、県を代表して公募により選ばれた「東洋大学体育会ラグビー部」が参加しました。

また同ラグビー部は、ブランデンブルグ州政府を訪問したほか、ジュニア向けのラグビー教室を開き、日本のラグビー技術を教えました。

「埼玉親善大使」として、両県州における友好親善の懸け橋となり現地で活動した様子を、同ラグビー部から知事に報告します。

報告会の概要

1 日時

令和元年6月28日(金曜日)10時00分~10時10分

 

2 場所

知事応接室

3 出席者

上田 清司 知事

東洋大学体育会ラグビー部監督ほか選手11名

 

サンスーシ・カップ・フレンドリーマッチ2019について

1 競技

7人制男子ラグビー

ラグビーの競技規則を基本ルールとした7人制のラグビーで、セブンズとも呼ばれます。15人制ラグビーと同じグラウンドを使用するため、ボールが大きく動き、スピードと俊敏さ、ハンドリングスキルが重要となります。試合時間は14分以内。2016年のリオデジャネイロオリンピックからオリンピック正式競技になりました。

2 主催

社団法人ブランデンブルグ州ラグビー協会

3 対戦チーム

ブランデンブルグ州内クラブチーム・3チーム

4 開催地

ブランデンブルグ州ポツダム市 ほか

5 開催日

令和元年6月5日(水曜日)、6日(木曜日)、10日(月曜日)

※派遣期間は6月4日(火曜日)~12日(水曜日)

県政ニュースのトップに戻る