Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年6月 > ≪助成先決定≫令和元年度共助社会づくり支援事業  多様な主体が力をあわせて地域課題に挑戦します

ここから本文です。

 

発表日:2019年6月27日14時

県政ニュース

≪助成先決定≫令和元年度共助社会づくり支援事業  多様な主体が力をあわせて地域課題に挑戦します

部局名:県民生活部
課所名:共助社会づくり課
担当名:担い手支援担当
担当者名:桑原・笹川

内線電話番号:2837
直通電話番号:048-830-2828
Email:a2835-03@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では、「埼玉県特定非営利活動促進基金(埼玉県NPO基金)」を財源とする令和元年度の共助社会づくり支援事業の助成対象となるNPO法人を決定しました。

共助社会づくり支援事業は、埼玉県内に事務所を有するNPO法人と、市町村や自治会、社会福祉協議会、任意団体など3主体以上が連携し、地域課題の解決を図る事業に対して助成(助成限度額50万円)するものです。
回の助成対象事業には、高齢者の健康増進を通じて地域の活性化を目指す2事業、外国人旅行者への子ども達による英語ガイドボランティアを養成する事業、そして糸にまつわる文化を通して外国にルーツを持つ人と地域に暮らす人との相互理解を図る事業の計4事業が採択されました。

々な主体と連携しながら地域全体で取り組み、多世代・多文化という多様な人々との交流をとおして、地域課題の解決を目指します。

助成対象事業の概要(助成限度額50万円補助率5分の4)

NPO法人名

事業名

連携先

事業のポイント

特定非営利活動法人

メイあさかセンター

介護の日フェスタ世代間交流「やさしいまちinあさか」

朝霞市長寿はつらつ課

朝霞市内のNPO法人の団体で構成された実行委員会

 

お年寄りに加え、小学生や中学生、子育て世代など、多くの人が参加できる「介護の日フェスタ」を開催する。今年は初めて日曜日に開催し、多世代が共に、介護予防活動を行う。

特定非営利活動法人

NORDICあさか

閉じこもりがち高齢者の復活ノルディックウォーク

朝霞市長寿はつらつ課

朝霞市社会福祉協議会

地域包括支援センター「ひいらぎの郷」

株式会社リゾン

閉じこもりがちな高齢者の活動を促進するため、ノルディックウォークのプログラムを実施する。ノルディックポール(2本のストック)を使って歩行運動を補強しながら無理なく全身を動かす。地域をみんなで歩いて健康づくりを行う。

特定非営利活動法人

AEA英語キッズプロジェクト

地元の子供たちによる外国人観光客おもてなし英語ガイドキッズ養成

郷土愛を育て埼玉・熊谷を外国人へ英語でご案内

熊谷市スポーツ観光課

熊谷市教育委員会

一般社団法人熊谷市観光協会

埼玉大学教育学部

 

キッズやファミリーを対象に、熊谷の魅力を発信する英語ガイド養成講座を実施する。受講後は、うちわ祭りやラグビー会場で、子ども達が多くの外国の方々をもてなす。

特定非営利活動法人

ギニア心のクリニックとおむすびの会

糸でつなぐ多文化コミュニケーション

川口市協働推進課

医療生協さいたま生活協同組合

有限会社クチュールカワムラ

織物の糸をテーマに、外国にルーツのある人と地域の人を結ぶ国際交流フェアーを開催する。川口市の織物産業の歴史や蕨市の双子織、ギニヤやセネガルなどの織物やファッションを紹介し、多文化交流を図る。

 

※助成対象事業の詳細については、「埼玉県NPO情報ステーションNPOコバトンびん」の「NPO助成制度セミナー・イベント」「令和元年度共助社会づくり支援事業助成団体決定」をご覧ください。

http://www.saitamaken-npo.net/html/jyosei-seminar/h31josei/31kyoujyo/01kyoujyo_kettei.html

※埼玉県特定非営利活動促進基金(埼玉県NPO基金)は、平成16年度の創設以来、多くの個人や企業・団体の皆様から寄附をいただいています。今後も共に支え合う社会の担い手となるNPO法人の活動を支援するため、皆様の一層の御協力をお願いいたします。

 https://www.saitamaken-npo.net/html/kikin/index.html

県政ニュースのトップに戻る