Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年6月 > 県立近代美術館 企画展  「May I Start? 計良宏文の越境するヘアメイク展」を開催

ここから本文です。

 

発表日:2019年6月20日14時

県政ニュース

県立近代美術館 企画展  「May I Start? 計良宏文の越境するヘアメイク展」を開催

部局名:教育局
課所名:近代美術館
担当名:企画展担当
担当者名:大浦、鴫原

直通電話番号:048-824-0110
Email:p240111@pref.saitama.lg.jp

県立近代美術館では、今注目のヘアメイクアップアーティスト・計良宏文(けら・ひろふみ)氏の仕事を通して、ヘアメイクの現在と可能性を新たな視点からとらえる展覧会を開催します。

本展覧会では、計良氏の広く知られる宣伝広告などの仕事から、従来のヘアメイクの枠を超える挑戦的な仕事まで、彼のクリエーションの全貌を紹介します。

1  会期

令和元年7月6日(土曜日)~9月1日(日曜日)

開館時間:10時00分~17時30分(展示室への入場は17時00分まで)

休館日:月曜日(7月15日、8月12日は開館)

2  会場

県立近代美術館  2階展示室

(〒330-0061 さいたま市浦和区常盤9-30-1  電話048-824-0111)

3  観覧料

1100円(880円)、大高生880円(710円)

※中学生以下及び障害者手帳等をご提示の方(付き添い1名を含む)は無料。

()は20名以上の団体料金。

併せてMOMAS(モマス)コレクション(1階展示室)も観覧できます。

4  見どころ

(1)ファッションとヘアメイク

   本展では、計良氏が携わった国内外の数多くのブランドからANREALAGE、SOMARTA、MIKIO SAKABE、writtenafterwards、LIMI feuの5ブランドとの仕事を、ウィッグやヘッドピース、制作時の資料類を加えて紹介します。

(2)計良宏文氏+坂部三樹郎氏による新作映像インスタレーション《FACE》

  計良氏がヘアメイクを、坂部氏が衣裳のスタイリングを担当し、「ひとりの女性の顔が、ヘアメイクの力で多彩な女性像に変化するさま」を表現するこの作品では、彼の自由な創造力と卓越した技術によって、ヘアメイクの力と可能性がこれまでにない形で示されるはずです。約40台のディスプレイを使用した大規模なインスタレーションにご期待ください。

(3)多彩なコラボレーションの全貌を紹介

   計良氏は2013年に開催された「森村泰昌展ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る」(資生堂ギャラリー)のための新作で、森村作品のヘアメイクを初めて担当しました。

   また、文楽人形のかしら(頭部)を制作し、人形遣い・勘緑の公演に提供したり、華道家・写真家の勅使河原城一氏とともに「花」を題材とした共作に取り組んだりと、様々なジャンルのクリエイターとの協働により、ヘアメイクの概念を刷新する活動を展開しています。

(4)会場構成は建築家・海法圭氏

   本展会場の空間デザインと構成は、気鋭の建築家・海法圭(かいほう・けい)氏によるものです。彼によって新しい姿を見せる当館の展示空間にもぜひご注目ください。

5  関連イベント

(1)トークライブ

日時:(1)7月12日(金曜日)14時30分~16時00分(開場14時00分)

         (2)8月18日(日曜日)14時30分~16時00分(開場14時00分)

会場:2階講堂/定員:80名(当日先着順)/費用:無料

(2)ヘアメイクライブ[整理券制]

日時:(1)7月15日(月曜日・祝日)

          (2)8月6日(火曜日)

両日とも11時00分~11時30分及び15時00分~15時30分の2回開催

会場:2階展示室/定員:50名/費用:企画展観覧料が必要です。

内容:展示室内に設置したステージで計良宏文氏がヘアメイクの実演を行います。

(3)計良宏文氏の滞在制作

日時:7月20日(土曜日)[詳細は後日HPでお知らせします]

会場:2階企画展示室

費用:企画展観覧料が必要です。

内容:展示室内で計良宏文氏が文楽人形のかしら(頭部)を制作します。 

(4)ギャラリーツアー

日時:8月3日(土曜日) 15時00分~16時00分

会場:2階企画展示室

費用:企画展観覧料が必要です。

内容:計良宏文氏と担当学芸員によるギャラリートークです。

 ※  [スライド・トーク] 御希望のグループにスライドを使って本展覧会の見どころを御案内します(予約制)。お問い合わせ・ご予約は教育・広報担当(電話048-824-0110)まで。

6  主催等

(1)主催

埼玉県立近代美術館

(2)特別協力       

株式会社資生堂

(3)制作協力

株式会社クラフティ、株式会社七彩、株式会社カラーサイエンスラボ

(4)協力

JR東日本大宮支社、FM NACK5

(5)会場構成

海法圭(海法圭建築設計事務所)氏

7  参加ブランド・作家名(五十音順)

    ANREALAGE(デザイナー 森永邦彦)

    勘緑(人形遣い)

    SOMARTA(デザイナー廣川玉枝)

    勅使河原城一(写真家・華道家)

    蜷川実花(写真家)

    MIKIO SAKABE(デザイナー坂部三樹郎)

    森村泰昌(現代美術家)

    writtenafterwards(デザイナー山縣良和)

    LIMI feu(デザイナー山本里美)

8  来場者特典

   会期中の毎日、1階受付で本展観覧券をご購入の方先着30名様にオリジナルクリアファイルを差し上げます。

9  交通案内

JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内)。

JR東京駅、新宿駅から北浦和駅まで、それぞれ約35分。

当館に専用駐車場はありませんが、提携駐車場「三井のリパーク埼玉県立近代美術館東」では駐車料金の割引があります(企画展観覧で300円引き、MOMASコレクション観覧で100円引き)。団体バスは事前に御相談ください。お体の不自由な方の御来館には業務用駐車場を提供いたします。ただし台数に限りがありますので予め御了承ください。

【お問合せ先】

県立近代美術館企画展担当 大浦・鴫原 (電話:048-824-0110)

【参考情報】

県立近代美術館

ホームページ:http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

公式Twitter:https://twitter.com/momas_kouhou

公式Facebook:https://www.facebook.com/momaspr

公式YouTube:https://www.youtube.com/user/momasjp

県政ニュースのトップに戻る