Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年6月 > 埼玉県立自然の博物館  令和元年度特別展「知って!埼玉  化石でたどる2000万年」の開催について

ここから本文です。

 

発表日:2019年6月14日14時

県政ニュース

埼玉県立自然の博物館  令和元年度特別展「知って!埼玉  化石でたどる2000万年」の開催について

部局名:教育局
課所名:自然の博物館
担当名:自然担当
担当者名:北川

直通電話番号:0494-66-0407
Email:t6604044@pref.saitama.lg.jp

立自然の博物館では、7月6日(土曜日)から特別展「知って!埼玉  化石でたどる2000万年」を開催します。ラグビーワールドカップ2019が熊谷市で開催されることもあり、埼玉県が注目されている今、埼玉に訪れる多くの皆様、そして何よりも、県民の皆様に埼玉県の自然、特に化石や地質、身近な生物について紹介する展示を実施します。

1.今回の展示の見どころ

(1) 県内の代表的な化石・遺物で埼玉の自然の成り立ちを紹介します

玉の自然の成り立ちを4つの時代に分けて紹介します。秩父地域から発見された推定全長8mのヒゲクジラの実物化石や、深谷市から産出したサイ頭骨化石。入間川流域から産出したゾウ化石。横瀬町から発見されたトラ牙化石など、県内の化石を紹介します。また、寄居町から出土した埼玉県最古級の石器や、皆野町から出土した縄文人全身骨格を展示します。

(2) 埼玉の地質的・地理的な魅力を紹介します

瀞をはじめ、様々な岩石や化石が見られる秩父地域。羽生市の加須低地には、古墳時代から3m以上も地盤沈下し、完全に地面に埋没した古墳が見つかっています。このような地質的・地理的な特徴から埼玉県を紹介します。

2.概要

(1) 開催期間

令和元年7月6日(土曜日)~令和2年1月13日(月・祝)

※9月2日(月曜日)~9日(月曜日)は資料燻蒸のため全館休館となります。

(2) 展示場所

埼玉県立自然の博物館(埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1)

2階企画展示室

(3) 観覧料

観覧料は一般200円、高校・大学生100円、中学生以下無料です。

※障害者手帳等をお持ちの方及び介助者1名無料

(4) 交通案内

自動車:関越自動車道 花園ICから30分

電車:秩父鉄道「上長瀞駅」下車徒歩5分

3.問い合わせ先

埼玉県立自然の博物館  自然担当  北川  博道

電話:0494-66-0407  ファックス :0494-69-1002

E-mail:t6604044@pref.saitama.lg.jp

ホームページ:http://www.shizen.spec.ed.jp

(または、「自然の博物館」で検索)

公式Twitter:https://twitter.com/saitama_shizen

県政ニュースのトップに戻る