Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年12月 > 入間わかくさ高等特別支援学校  オリンピアン等をお招きして「トップアスリートによる講演・体験会」を実施します

ここから本文です。

 

発表日:2018年12月14日14時

県政ニュース

入間わかくさ高等特別支援学校  オリンピアン等をお招きして「トップアスリートによる講演・体験会」を実施します

部局名:教育局
課所名:入間わかくさ高等特別支援学校
担当名:教頭
担当者名:多田

直通電話番号:04-2941-5771
Email:f415771@pref.saitama.lg.jp

県立入間わかくさ高等特別支援学校(校長:山口伸一郎)では、トップアスリートである長谷川 大悟 氏(陸上競技(リオ五輪男子三段跳出場))と宮越 慶二郎 氏(キックボクシング)をお招きした講演・体験会を実施します。

この講演・体験会は、「県立学校オリンピック・パラリンピック教育推進事業」の一環で行うものです。

1 日時

平成30年12月19日(水曜日)9時55分~12時45分

2 場所

県立入間わかくさ高等特別支援学校

(入間市小谷田745-1)

3 内容

(1)長谷川 大悟 氏による講演

(2)宮越 慶二郎 氏による講演

(3)スポーツ体験(陸上競技、キックボクシング)

 

※入間わかくさ高等特別支援学校は、開校3年目を迎えました。普通科と職業学科を併置する高等部単独校として、生徒一人一人の自立と社会参加を目指し、昨年度から学校の重点テーマを「生徒一人一人が社会に一歩打って出る」としました。「わかくさ版デュアルシステム」(学校近隣の事業所での継続的な就業体験学習)をはじめ、市のお祭りへの参画、高校の部活動との合同練習等、学校外に学びの機会を創ること、学校外の方に本校に来ていただくことに積極的に取り組んでいます。

今回の「トップアスリートによる講演・体験会」もその一環です。職業学科では、“「五輪パン」の制作・販売”“審判としてアジアパラリンピックに参加した教員の話を聞く”など、年間を通じてオリンピック・パラリンピック教育に取り組んでいます。

県政ニュースのトップに戻る