Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 県立さきたま史跡の博物館  埼玉古墳群史跡指定80周年・稲荷山古墳発掘調査50周年・鉄剣銘文発見40周年  記念講演会「さきたま あれから これから」を開催します

ここから本文です。

 

発表日:2018年11月30日14時

県政ニュース

県立さきたま史跡の博物館  埼玉古墳群史跡指定80周年・稲荷山古墳発掘調査50周年・鉄剣銘文発見40周年  記念講演会「さきたま あれから これから」を開催します

部局名:教育局
課所名:さきたま史跡の博物館
担当名:史跡整備担当
担当者名:岡本・山田・中井

直通電話番号:048-559-1181
Email:k591111@pref.saitama.lg.jp

平成30年は埼玉古墳群が国史跡に指定されてから80年、稲荷山古墳の発掘調査から50年、稲荷山古墳から出土した鉄剣の銘文が発見されてから40年にあたります。それを記念して、記念講演会「さきたま あれから これから」を開催します。

1 日時

平成31年2月17日(日曜日)13時00分~16時30分

2 場所

埼玉会館大ホール(さいたま市浦和区高砂3-1-4)

3 講師

白石 太一郎 氏(国立歴史民俗博物館名誉教授)

西山 要一 氏(奈良大学名誉教授)

高橋 一夫 氏(元埼玉県教育委員会職員)

今泉 泰之 氏(元埼玉県教育委員会職員)

4 講座内容

日本の古墳時代における埼玉古墳群の位置づけ、鉄剣銘文発見のいきさつやエピソードなどを講演していただきます。また、講演後の座談会では稲荷山古墳の調査にたずさわった元県職員を交えて、当時を振り返りながら、これまでの研究成果を総括し、将来の考古学研究に埼玉古墳群が果たす役割を考えます。

5 申し込み(定員1200名)

平成30年12月1日(土曜日)から平成31年1月21日(月曜日)までにインターネット(当館ホームページから電子申請)又は往復はがきでお申し込みください。(応募多数の場合は抽選)

 

申込先

〒361-0025  行田市埼玉4834

県立さきたま史跡の博物館(史跡整備担当)

電話:048-559-1181

インターネット(県立さきたま史跡の博物館ホームページ)

http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/ 

6 費用

無料(要事前申し込み)

県政ニュースのトップに戻る