Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 県立宮代特別支援学校  創立30周年記念式典を実施します  「宮代」で『つながるみらい』

ここから本文です。

 

発表日:2018年11月27日14時

県政ニュース

県立宮代特別支援学校  創立30周年記念式典を実施します  「宮代」で『つながるみらい』

部局名:教育局
課所名:宮代特別支援学校
担当名:教頭
担当者名:寺嶋

直通電話番号:0480-35-2432
Email:g352432@pref.saitama.lg.jp

県立宮代特別支援学校では、今年度創立30周年を迎えることを記念し、「創立30周年記念式典」を12月14日(金曜日)に本校で行います。

記念式典に向けて、こころMojiアーティストの浦上 秀樹氏に作品を制作していただきました。記念式典前日の13日(木曜日)には、浦上さんに来校していただき、作品の贈呈式を行います。

記念式典当日は、生徒たちが制作した記念品を紹介するとともに、アトラクション(パーカッション)を披露します。

1 創立30周年記念式典

(1)日時

平成30年12月14日(金曜日)9時40分~(受付9時15分~)

(2)場所

県立宮代特別支援学校(南埼玉郡宮代町金原636-1)

(3)主な出席者

本校の生徒、教職員、学校評議員、評価懇話会委員、交流校の校長等

2 記念作品の贈呈式

(1)日時

平成30年12月13日(木曜日)13時30分~

(2)場所

県立宮代特別支援学校

 

※浦上秀樹氏による記念作品について

記念式典の実施に向け、本校では保護者、児童生徒、教職員から30周年にふさわしい漢字を公募しました。多数の応募をいただいた中から、浦上さんに選んでいただき、作品化したのが「宮代」の2文字です。

浦上さんは、漢字に別の意味を持つひらがなを組み合わせ、新たなメッセージを生み出す「こころMoji」に取り組んでいらっしゃいます。今回制作していただいた「宮代」は「つながるみらい」というひらがなで構成されています。

宮代

「宮」=つながる                「代」=みらい

県政ニュースのトップに戻る