Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 県立羽生第一高校  29か国の外国人日本語教師の学校訪問を受け入れます  外国人若手日本語教師と生徒・教職員が交流

ここから本文です。

 

発表日:2018年11月16日14時

県政ニュース

県立羽生第一高校  29か国の外国人日本語教師の学校訪問を受け入れます  外国人若手日本語教師と生徒・教職員が交流

部局名:教育局
課所名:羽生第一高校
担当名:教頭
担当者名:蛭間

直通電話番号:048-561-6511
Email:k616511@pref.saitama.lg.jp

県立羽生第一高校では、国際交流基金日本語国際センター主催の研修に参加している29か国の海外日本語教師42名の学校訪問を受け入れます。

本校は生徒の視野を広げるキャリア教育を実践しており、昨年はブータン王国名誉領事による講演会を開催するなど、国際的な交流活動も行っています。

今回は、海外の日本語教育機関の教師養成のため、日本語教授経験の短い外国人若手日本語教師に日本の教育制度や高校の教育内容などについて理解を深めていただくため、授業や部活動を視察していただくとともに、生徒・教職員との交流会を実施します。

1 日時

平成30年11月21日(水曜日)11時00分~16時50分

2 会場

県立羽生第一高校(羽生市下岩瀬153)

3 訪問者

国際交流基金  日本語国際センターの「海外日本語教師 長期研修」に参加している外国人若手日本語教師(42名)

4 内容

  • (1)歓迎行事
  • (2)学校概要説明
  • (3)授業視察・参加
  • (4)昼食(教室で生徒たちと一緒に)
  • (5)授業視察・参加
  • (6)教職員との懇談・交流会
  • (7)生徒との交流会
  • (8)部活動見学

県政ニュースのトップに戻る