Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 「学校地域WIN-WINプロジェクト」実践研究校  県立越谷西特別支援学校・県立庄和高校の取組を披露します

ここから本文です。

 

発表日:2018年11月12日14時

県政ニュース

「学校地域WIN-WINプロジェクト」実践研究校  県立越谷西特別支援学校・県立庄和高校の取組を披露します

部局名:教育局
課所名:生涯学習推進課
担当名:地域連携担当
担当者名:久保

内線電話番号:6979
直通電話番号:048-830-6979
Email:a6975-05@pref.saitama.lg.jp

県教育局では、学校教育に活用できる地域の力を発掘し、地域と学校をつなげることで、生徒たちが実社会からの学びを充実するとともに、学校の力を地域に活かす取組「学校地域WIN-WINプロジェクト」を平成30年度から始めています。

現在、先行事例を打ち出し、事業を牽引していく実践研究校5校を指定して、学校と地域の双方が「WIN-WIN」となるような取組を実施しているところです。

このたび、実践研究校である県立越谷西特別支援学校では、県庁オープンデー(11月14日「埼玉県民の日」)にブースを設け、日本工業大学・県立越谷総合技術高校と連携して開発したソフトを活用し、生徒たちが名刺の作成やフィジカルトレーニングシステムの紹介を行います。

また、県立庄和高校では、生徒有志が9班に分かれ、それぞれが「探究活動」として地域の活性化に取り組んでおり、今回、地域の課題の解決に向けた企画提案を取りまとめ、庄和商工会にプレゼンテーションを行います。

なお、両校の当日の取組について、本県教育長の視察を実施します。

県立越谷西特別支援学校の取組

1 日時・場所

平成30年11月14日(水曜日)9時30分~16時00分

県庁渡り廊下(本庁舎と第二庁舎の間)

※教育長の視察:10時00分~10時15分

2 内容

県立越谷西特別支援学校では、『越谷西特支ICTでつなぐ地域きずなプロジェクト』をテーマに高等部の生徒たちが県立越谷総合技術高校と連携して開発したパソコンソフトを活用し、来場された方に名刺・名前カードを作成します。また、日本工業大学と連携して開発したフィジカルトレーニングシステムを体験していただきます。

※フィジカルトレーニングシステム:自立活動の授業(身体の動き、行動の調整の改善)の中で開発されたシステム。モニターに出てくる動物(動いているイヌ・ネコ・ブタ)を決められた方法で触っていくと鳴き声が出る。

県立庄和高校の取組(プレゼンテーション)

1 日時・場所

平成30年11月20日(火曜日)9時00分~10時30分

県立庄和高校  体育館(春日部市金崎583)

※教育長の視察:9時00分~10時30分

2 講評

庄和商工会の職員(2名)

3 内容

庄和高校では、『庄和の未来を共に創る「地域創生」物語』をテーマに生徒有志が9班に分かれ、それぞれが「探究活動」として地域の活性化に取り組んでいます。

今年5月には、庄和商工会から地域が抱える問題についてレクチャーを受け、意見交換を行い課題の共有を図りました。

その後、班ごとにテーマを設定し、関係者からの助言をいただきながら、アンケートや現地調査などの「探究活動」を行い、9月には「ポスターセッション」と題して班ごとに模造紙で今までの活動成果を披露しました。

今回は「探究活動」のまとめとして、3年生の7つの班が庄和商工会の職員に対して、プレゼンテーションを行い、講評していただきます。 

プレゼンテーションの内容

1

春日部市内の事故を減らすための提案。

2

春日部在来大豆を広める提案。

3

商店街マップの作成等に係る提案。

4

賑やかな庄和街づくりに関する提案。

5

商店街の活性化に関する提案。

6

事件や事故を減らす住みやすい街づくりに関する提案。

7

庄和の知名度を上げる提案。

 

「学校地域WIN-WINプロジェクト」について

今年度は、先行事例を打ち出し、事業を牽引していく実践研究校5校を指定しました。学校と地域が連携しながら、学校・地域の双方が「WIN-WIN」となるような取組を実践していくとともに、当該校による発表の場を設けるなどして、広く周知してまいります。

1 実践研究校(平成30年度:5校)

学校名

プロジェクト名

県立小川高校

小川高校「ふるさと創生」プロジェクト

県立庄和高校

庄和の未来を共に創る「地域創生」物語

県立鳩山高校

ハトミライ☆プロジェクト

県立吉川美南高校

地域と吉川美南高校で奏でる芸術創造

県立越谷西特別支援学校

越谷西特支「ICTでつなぐ地域きずなフ゜ロシ゛ェクト」

2 事業手法

(1)県教育局に学校と地域をつなぐ窓口を設置して、学校・地域の双方が「WIN-WIN」となるような取組の提案を随時募集するとともに、教育局で学校教育に活用できる地域の資源を発掘する。

(2)学校や地域のニーズに応じて、教育局の職員が学校・地域の両者のマッチング・コーディネートを行う。

(3)学校・地域・教育局で具体的な活動の内容を調整し、学校において、地域の力を活用した取組や学校の力を地域で生かす取組を実践する。

県政ニュースのトップに戻る