Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 県立歴史と民俗の博物館  武蔵武士ゆかりの国宝太刀を特別に公開します

ここから本文です。

 

発表日:2018年11月2日14時

県政ニュース

県立歴史と民俗の博物館  武蔵武士ゆかりの国宝太刀を特別に公開します

部局名:教育局
課所名:歴史と民俗の博物館
担当名:展示担当
担当者名:根ヶ山

直通電話番号:048-645-8171
Email:m410890@pref.saitama.lg.jp

県立歴史と民俗の博物館では、平成30年11月3日(土曜日・祝日)から平成31年2月3日(日曜日)まで、武蔵武士ゆかりの国宝太刀を特別に公開します。

当館では、武蔵武士の大河原時基(おおかわらときもと)が、備前長船派(びぜんおさふねは)の刀工に作らせた太刀(太刀銘 景光景政(たちめいかげみつかげまさ))を所蔵しています。大河原氏は秩父郡出身の武士ですが、太刀を作らせた時には播磨国宍粟郡三方西(はりまのくにしさわぐんみかたのさい)(現在の兵庫県宍粟市(しそうし))に移住していたと考えられています。しかしながら、太刀には「武蔵国秩父郡住(むさしのくにちちぶぐんじゅう)」(武蔵国秩父郡に住する)と刻まれており、遠く播磨国にありながらも故郷を想う武蔵武士の心が垣間見られます。

現在、国宝に指定されているこの太刀は、貴重な文化財を未来に残すべく慎重に保存していくという観点から、毎年期間を限定して公開しています。今年も3か月の間ですが、国宝の太刀を公開します。

展示の概要

1 会期

平成30年11月3日(土曜日・祝日)~平成31年2月3日(日曜日)

2 休館日

月曜日(祝日、11月5日は開館)

年末年始(12月29日(土曜日)~1月1日(火曜日・祝日))

3 開館時間

9時~16時30分(観覧受付は16時まで)

4 会場

県立歴史と民俗の博物館  常設展示室第3室

5 観覧料

一般300円、高校生・学生150円

(20名以上の団体  一般200円、高校生・学生100円)

※中学生以下と障害手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料

6 アクセス

東武アーバンパークライン(野田線)大宮公園駅から徒歩5分

※駐車台数に限りがあります(18台)。公共交通機関をご利用ください。

県政ニュースのトップに戻る