Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年10月 > 東京都江戸東京博物館企画展「玉-古代を彩る至宝-」の開催14県連携による地域研究成果の発表

ここから本文です。

 

発表日:2018年10月19日14時

県政ニュース

東京都江戸東京博物館企画展「玉-古代を彩る至宝-」の開催14県連携による地域研究成果の発表

部局名:教育局
課所名:文化資源課
担当名:指定文化財担当
担当者名:末木

内線電話番号:6986
直通電話番号:048-830-6986
Email:a6910@pref.saitama.lg.jp

代歴史文化にゆかりの深い埼玉県など14県は個々の地域研究だけでは見えにくかった日本の古代史全体の大きな流れを解明するために古代歴史文化協議会(会長:島根県知事)を平成26年度に設立し、「古墳時代の玉類」をテーマに調査研究を行ってまいりました。

このたび、その研究成果を発表する展覧会を東京都江戸東京博物館で開催することとなりましたので御案内いたします。

なお、14もの県が連携して調査研究を進め、展覧会を開催するのは過去に例のない初めての試みとなります。

展覧会の概要

1 会場

東京都江戸東京博物館  5階企画展示室(東京都墨田区横網1-4-1)

2 会期

平成30年10月23日(火曜日)~12月9日(日曜日)※月曜日休館

3 主催

東京都、東京都江戸東京博物館、古代歴史文化協議会【[14県] 埼玉県/石川県/福井県/三重県/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/福岡県/佐賀県/宮崎県】

4 展覧会の内容

  • 協議会の研究成果を中心に、古代の玉の歴史的意義をわかりやすく展示
  • 協議会を構成する14県から、各県を代表する玉類を出品、展示
  • 国宝1件、重要文化財8件を含む計74件(12,197点)で構成

5 料金

東京都江戸東京博物館の常設展観覧料

(一般600円(480円)、大学生・専門学校生480円(380円)、高校生・中学生(都外)・65歳以上300円(240円)、小学生・未就学児童・中学生(都内在学または在住)無料

※()は団体(20名以上))

6 関連行事

毎週土曜日と日曜日に展示室内で各県の研究担当者による連続ミニ講座を開催(各県1回ずつ計14回:40分間/回)

その他

ほぼ同内容の展覧会を、九州国立博物館でも開催します。

(1) 名称  文化交流展特集展示「玉-古代を彩る至宝-」

(2) 会場  九州国立博物館文化交流展示室

(福岡県太宰府市石坂4丁目7-2)

(3) 会期  平成31年1月1日(火曜日)~2月24日(日曜日)

(4) 内容  江戸東京博物館会場の作品から、国宝・重要文化財を除いたもの

研究成果図書の刊行

(1) 書名  「玉 -古代を彩る至宝-」

(2) 編集  古代歴史文化協議会

(3) 仕様  A5判、フルカラー、本文229ページ

(4) 刊行  頒布一般書店等で入手可能。頒価1,800円(税別)

 

【古代歴史文化協議会事務局】

島根県古代文化センター  内

〒690-8502島根県松江市殿町1  電話  0852(22)6727  ファックス  0852(22)6728

担当  松尾・片平

 

 

県政ニュースのトップに戻る