Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年9月 > 11月16日「埼玉県企業立地セミナーin大阪」開催 全国屈指の立地環境を西日本企業に向けてPR

ここから本文です。

 

発表日:2018年9月21日14時

県政ニュース

11月16日「埼玉県企業立地セミナーin大阪」開催 全国屈指の立地環境を西日本企業に向けてPR

部局名:産業労働部
課所名:企業立地課
担当名:企業誘致担当
担当者名:髙野・小峰

内線電話番号:3757
直通電話番号:048-830-3748
Email:a3900-02@pref.saitama.lg.jp

玉県の全国屈指の立地環境や立地優位性をPRするため、11月16日(金曜日)に「埼玉県企業立地セミナーin大阪」を大阪市内で開催します。

西日本で活躍する企業の皆様に本県への立地を御検討いただくため、市町村と連携した本県の魅力発信を行います。

本セミナーの概要

1

平成30年11月16日(金曜日)受付14時30分~

2

ホテルニューオータニ大阪2階(大阪府大阪市中央区城見1-4-1)

3

【 第1部講演会(15時00分~17時20分)】

埼玉県の取組紹介

本県の企業誘致の取組について紹介します。

参加市町村によるPR

市町村長によるプレゼンテーションをはじめ、会場内にブースを設け、参加市町村が用地情報や地域の魅力についてPRします。

 【 第2部交流会(17時30分~19時00分)】

上田清司埼玉県知事が参加企業の皆様に埼玉県の恵まれた立地環境と魅力をPRします。

また、立食形式で参加者様との交流を図り、県産の地酒でおもてなしします。

4

埼玉県

5

製造業、流通業などの企業の皆様

6

130人(先着順・事前申込制)

7加費

無料

8内ページ

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0804/seminar30-osaka.html

(「埼玉県企業立地セミナー」で検索)

9込方法

あらかじめ次のいずれかによりお申し込みをお願いします。

(1)FAX

申込みフォームに必要事項を御記入の上、送信(FAX番号048-830-4815)してください。申込みフォームは上記案内ページからダウンロードできます。

(2)E-mail

「件名」を「埼玉県企業立地セミナー参加申込」としていただき、申込みフォームに必要事項を御記入の上、a3900-02@pref.saitama.lg.jpにお送りください。

【参考】

全国屈指の立地環境

  • 県内を横断する圏央道が、東日本のネットワークを形成する「関越」「東北」「常磐」、西日本と東日本をつなぐ「中央」「東名」の各高速道路と接続しています。羽田空港、成田空港へのアクセスも良好で、埼玉県は首都圏の交通の要衝として位置付けられています。
  • 首都圏の巨大マーケットの中に位置し、様々なニーズに応えることができます。
  • 優れた技術を持つ多種多様な企業や研究機関、大学が数多く集積しており、企業の皆様をバックアップします。
  • 平成17年1月~平成30年6月で県内に998件が立地した企業のうち104件が西日本に本社を置く企業であり、東日本地域の拠点として人気が高まっています。

西日本企業の立地規模

 

西日本企業

全体

西日本企業の傾向

立地件数(件)

104

998

全体の約1割

平均敷地面積(ha)

1.73

1.40

全体の約1.2倍

平均投資総額(百万円)

2,515

1,669

全体の約1.5倍

平均新規雇用者数(人)

71

35

全体の約2.0倍

※1立地実績の期間は平成17年1月から平成30年6月までの13年6か月

※2投資総額と新規雇用者数は企業の立地決定時点における計画ベースの数値

※3西日本企業は、各経済産業局(中部、近畿、中国、四国、九州)の管轄する府県に本社を置く企業

 西日本に本社を置く主な立地企業

企業名

立地対象業種

本社所在地

立地先

江崎グリコ(株)

食料品製造業

大阪市

北本市

(株)王将フードサービス

食料品製造業

京都市

東松山市

(株)PALTAC

流通加工業

大阪市

白岡市

ザ・パック(株)

製造業

大阪市

日高市

日東電工(株)

製造業

大阪市

深谷市

県政ニュースのトップに戻る