Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年9月 > 大宮アルディージャと連携して人権啓発活動を実施します Jリーグ公式戦会場で「人権メッセージフラッグ」を作成

ここから本文です。

 

発表日:2018年9月11日14時

県政ニュース

大宮アルディージャと連携して人権啓発活動を実施します Jリーグ公式戦会場で「人権メッセージフラッグ」を作成

部局名:県民生活部
課所名:人権推進課
担当者名:会田・和泉

内線電話番号:2255
直通電話番号:048-830-2255
Email:a2250@pref.saitama.lg.jp

玉県では、大宮アルディージャの協力を得て、対FC町田ゼルビア戦のJリーグ公式戦会場において、さいたま地方法務局、埼玉県人権擁護委員連合会、埼玉県人権啓発活動ネットワーク協議会と共同で人権啓発活動を実施します。

また、これに先立ち、啓発活動に使用する「人権メッセージフラッグ」に、知事がメッセージを記入します。

啓発活動の概要

1施日

平成30年9月15日(土曜日)

大宮アルディージャ 対 FC町田ゼルビア戦15時15分開場18時キックオフ)

2

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場内

3発テーマ 

「守ろう!子供の人権!-ストップいじめ・虐待-」

4動内容

(1)人権メッセージフラッグの作成

  • 事前に埼玉県知事、法務大臣、大宮アルディージャ選手がメッセージを記入したフラッグに、当日来場された方々もメッセージを書き込んでいただき、人権メッセージフラッグを完成させます。
  • ハーフタイムに、人権擁護委員がこのフラッグを持って競技場のトラックを1周します。

(2)啓発テーマがプリントされたビニールワンショルダーバッグ(先着5,000人)を配布

(3)選手個人の写真とサインやメッセージが書かれたメッセージボードの展示

(4)電光掲示板による人権啓発広報

※当日は、いじめ撲滅キャンペーンもあわせて実施します(啓発用チラシ、啓発物品を配布)

5催者

埼玉県、さいたま地方法務局、埼玉県人権擁護委員連合会、埼玉県人権啓発活動ネットワーク協議会、大宮アルディージャ

知事による人権メッセージの記入

1

平成30年9月13日(木曜日) 13時00分~13時15分

2

知事室

3席者

知事、大宮アルディージャ取締役管理本部長小笠原清孝氏ほか

※選手は来庁(立ち合い)しません。

4

知事が「人権メッセージフラッグ」に、今回の啓発テーマ「守ろう!子供の人権!-ストップいじめ・虐待-」に沿ったメッセージを記入します。

 

県政ニュースのトップに戻る