Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年9月 > 平成30年度  埼玉県学力・学習状況調査の結果について

ここから本文です。

 

発表日:2018年9月7日14時

県政ニュース

平成30年度  埼玉県学力・学習状況調査の結果について

部局名:教育局
課所名:義務教育指導課
担当名:学力向上推進・学力調査担当
担当者名:松永・矢口

内線電話番号:6749
直通電話番号:048-830-6749
Email:a6750@pref.saitama.lg.jp

平成30年4月に実施した「埼玉県学力・学習状況調査」の結果から見えた県全体の学力の伸びの状況や、調査結果を受けた今後の対応についてお知らせします。

<埼玉県学力・学習状況調査について>

1 調査の概要

(1) 目的

本県の児童生徒の学力や学習に関する事項等を把握することで、教育施策や指導の工夫改善を図り、児童生徒一人一人の学力を確実に伸ばす教育を推進する。

(2) 特徴

「学習した内容がしっかりと身に付いているのか」という視点に「一人一人の学力がどれだけ伸びているのか(学力の経年変化)」という視点を加えており、「学力の伸び」が把握できる。

(3) 実施日

平成30年4月12日(木曜日)

 (4) 調査対象

県内の公立小・中学校(さいたま市を除く)に在籍する小学校第4学年から中学校第3学年の全児童生徒

小学校  706校  150,260人

中学校  356校  141,163人

2 調査内容

(1)児童生徒に対する調査

 ア  教科に関する調査

小学校第4学年から第6学年まで  国語、算数

中学校第1学年  国語、数学

中学校第2学年及び第3学年  国語、数学、英語

イ  質問紙調査

学習意欲、学習方法及び生活習慣等に関する事項

(2) 学校及び市町村教育委員会に対する調査

学校における教育活動並びに学校及び市町村における教育条件の整備等に関する事項

 

<調査結果から見えた県全体の学力の伸びの状況>

  • 1 どの学年でも、学年が上がるとともに、着実な「学力の伸び」が見られる。
  • 2 昨年度までの同学年の児童生徒と比較しても、一定程度の学力レベルに達している。
  • 3 中学校第1学年から第2学年にかけて伸びる生徒の割合が最も少ない。
  • 4 小学校第5学年から第6学年にかけても伸びる児童の割合が少なくなる傾向が見られる。
  • 5 中学校第2学年から第3学年にかけて伸びる生徒が増加する。

※市町村別の伸びた児童生徒の割合等についてはホームページを御覧ください。

<調査結果を受けた今後の対応>

<基本方針>

県学力・学習状況調査のデータを十分に活用して、学力を伸ばしている良い取組を共有する文化を構築するとともに、伸び悩みを抱える市町村・学校を徹底的に支援することで、子供たちの学力向上を図る。

  •  
  • 1 各学校において、子供たち一人一人の躓きを早期に発見・支援するとともに、学力を大きく伸ばした学年や学級を把握し、効果的な取組や工夫を共有化する取組を促進する。
  • 2 県学力・学習状況調査データ活用事業の分析結果を踏まえて、主体的・対話的で深い学びの実践と、学級経営の充実を進める。
  •   (参考:平成29年度県学力・学習状況調査データ活用事業分析結果概要)
  •     主体的・対話的で深い学びの実施に加えて、学級経営が子供たちの学習方法・態度の改善や、自己肯定感などの向上を通じて学力を向上させている。
  • 3 授業改善研修を実施し、県の研究委嘱校などで効果のあった取組や、児童生徒を伸ばしている市町村の取組を県内へ普及する。
  • 4 県学力・学習状況調査の学力の伸びの状況などを踏まえて、支援が必要な学校に対し、市町村と連携して、学力向上方策を共に考えるなど重点的に支援する。

※詳細は下記ホームページを御覧ください。

県政ニュースのトップに戻る