Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年8月 > 坂戸・夏よさこいの開催について コバトンの位置がリアルタイムで分かるコバトンIoT化を初めて実施

ここから本文です。

 

発表日:2018年8月10日14時

県政ニュース

坂戸・夏よさこいの開催について コバトンの位置がリアルタイムで分かるコバトンIoT化を初めて実施

部局名:県民生活部
課所名:広聴広報課
担当名:魅力発信担当
担当者名:今野・小林

内線電話番号:2826
直通電話番号:048-830-2826
Email:a2840-15@pref.saitama.lg.jp

課所名:坂戸・夏よさこい実行委員会
担当者名:実行委員長 梶

直通電話番号:049-284-4587
Email:web@sakado-yosakoi.com

坂戸・夏よさこい実行委員会では、今回で4回目となる「2018坂戸・夏よさこい」を開催します。

この祭りは坂戸駅周辺の活性化を目的に2015年から実施されており、駅周辺3会場において40団体の参加による、よさこい演舞を披露します。

また同エリアで県が進めている、「埼玉県鶴ヶ島ジャンクション周辺地域基本計画」に基づき、コバトンをIoT化し「超スマート社会(ソサエティ5.0)」の実現に向けてのアピールを行います。

更に、城西大学の協力により、イベント開催に伴う経済波及効果の数値を算出し、今後の商店街の活性化に活かしていきます。

なお、コバトンの位置がリアルタイムで地図上に表示されるコバトンIoT化は、県内では初めての取組です。

坂戸・夏よさこい実施概要

1

平成30年8月18日(土曜日)・19日(日曜日)

両日とも12時00分~20時00分

2

坂戸駅北口会場、こどもフェスタ会場、坂戸駅南口会場(3会場)

3

東武東上線坂戸駅から徒歩1分

※駐車場はありません。

4URL

http://www.sakado-yosakoi.com/

コバトンIoT化プロジェクトについて

来るべき「超スマート社会」を構築する中核技術であるIoTを、コバトンを用いて紹介する取組です。コバトンからのGPS情報により、会場を回遊するコバトンの位置を地図上に表示します。コバトンからタイムリーに発信される情報(プレゼントタイム)でコバトンを探した方にプレゼントを差し上げるイベントも実施します。

コバトンの位置情報は、スマホや坂戸駅に設置するデジタルサイネージ(電子看板)で表示し、デジタルサイネージは地元商店の紹介にも活用します。なお、コバトンIoT化プロジェクトは(有)エイ・ケイ・システムの御協力により実施します。

また、コバトンからの情報発信(プレゼントタイム)には、県が進める「埼玉県鶴ヶ島ジャンクション周辺地域基本計画」と連動して整備される「LPWA通信網整備・利用促進」委託事業(*)も活用します。

  • 「LPWA通信網整備・利用促進」委託事業

では、鶴ヶ島ジャンクション周辺の13市町とともに、地域未来投資促進法に基づく「埼玉県鶴ヶ島ジャンクション周辺地域基本計画」を策定しました。この基本計画における取組の一つがIoT(モノのインターネット)を支える情報通信網であるLPWAの整備となっています。

本委託事業では、LPWA通信環境を同区域内で広域的に整備し、スマート工場化等による生産性向上や住民サービス向上などの公共的分野における活用を図ることを目的としています。

  • LPWA(Low Power Wide Area)

消費電力・広範囲の特徴を持つ無線通信技術の一つ。IoTの利用が進む時代では、産業用途などにおいて低コストや低消費電力などの要件に対応する必要があります。こうした要件に特化した無線通信技術のことです。

1遊時間

8月18日(土曜日)、19日(日曜日)12時~20時

(休憩時間を除き、祭り開催中常時回遊)

2遊場所

よさこい会場(こどもフェスタ会場、坂戸駅北口会場、坂戸駅南口会場の3会場。店舗内にも入ります)

3の他

IoTによる位置情報や状態表示(プレゼントタイム)を用いてコバトンを探した方は、スマホ画面をコバトンに見せるとプレゼントが贈呈されます。

コバトンIoT化での位置情報取得方法

コバトンの位置が表示される専用サイトにアクセスしてください。

URLhttps://doconeel.com/natsuyosakoi/
0810-0201

※坂戸駅に設置予定のデジタルサイネージ(電子看板)でもコバトンの位置情報を見ることができます。

「目指せ!経済波及効果一億円」について

西大学経営学部では、同実行委員会が掲げる「経済波及効果一億円」に関し、経済波及効果の算出に協力します。

同学部の授業「まちづくり」の受講生のべ200人が来場者にアンケートを行い、観光客数や観光客1人当たりの消費額など算出に必要なデータを収集します。そのデータを同学部内学習サークル「簿記塾」の学生が算出・分析し、経済波及効果を算出します。更にデータに基づき、主催者や出店者に消費支出の増加を促すためのアドバイスも行います。

なお、算出にあたっては、埼玉県産業連関表による経済波及効果分析ツール(県統計課が作成)を使用します。経済波及効果は8月末日頃に算出できる予定です。

※坂戸・夏よさこいでは、イベント開催前に経済波及効果の目標値を1億円と定め、開催後に算出する実際の経済波及効果との差分から効果や課題を可視化し、今後の商店街の活性化に活かしていきます。

【コバトンIoT化に関する問い合わせ】

県広聴広報課魅力発信担当野・小林

電話048-830-2826

【「坂戸・夏よさこい」全般に関する問い合わせ】

坂戸・夏よさこい実行委員会梶(実行委員長)

電 話049-284-4587

【経済波及効果に関する問い合わせ】

城西大学経営学部助教

電話049-271-8006(経営学部事務局)

県政ニュースのトップに戻る