Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年7月 > 県立特別支援学校さいたま桜高等学園  「チャレンジ実習」を実施します  生徒たちが建設機械の操作に初挑戦

ここから本文です。

 

発表日:2018年7月6日14時

県政ニュース

県立特別支援学校さいたま桜高等学園  「チャレンジ実習」を実施します  生徒たちが建設機械の操作に初挑戦

部局名:教育局
課所名:さいたま桜高等学園
担当名:教頭
担当者名:原子

直通電話番号:048-858-8815
Email:p588815@pref.saitama.lg.jp

さいたま桜高等学園(校長:宇田川 和久)では、生徒たちの職業経験を広げるため、校外学習として県総合教育センター江南支所で「チャレンジ実習」を行います。

本校の工業技術科では、木材加工技術(木工コース)やインテリア製品の製作技術(インテリアコース)の習得を目指して機器の取り扱いなどを学んでいます。今回の実習では、建設機械の操作・操縦に挑戦したり、エンジンの分解作業などにも取り組みます。

1 日時

平成30年7月13日(金曜日)

9時30分~  入所式

10時30分~  実習I

13時00分~  実習II

14時50分~  退所式

※実習I・IIは班ごとにバックホー(建設機械)とエンジン分解作業に分かれます。

2 参加者

生徒19名・担当職員5名

県政ニュースのトップに戻る