Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2019年3月 > 県立文書館  リニューアルオープン並びに「開館50周年&リニューアル記念シンポジウム」を開催します

ここから本文です。

 

発表日:2019年3月26日14時

県政ニュース

県立文書館  リニューアルオープン並びに「開館50周年&リニューアル記念シンポジウム」を開催します

部局名:教育局
課所名:文書館
担当名:総務担当
担当者名:井上・関口・金子

直通電話番号:048-865-0112
Email:p650112@pref.saitama.lg.jp

県立文書館は、4月2日(火曜日)にリニューアルオープンし、閲覧サービスを再開します。現在の施設は、昭和58年の開館で老朽化が目立ってきていたため、歴史的文書の保管に不可欠な空調設備や電気設備、エレベータなどを更新するとともに、保存庫、展示室やトイレ等を再整備しました。

また、昭和44年度に旧県立浦和図書館の増築部分に文書館が誕生して、平成31年度で50周年を迎えることから、記念シンポジウムを開催します。国文学研究資料館長のロバートキャンベル氏による記念講演と、研究者・実務者によるパネルディスカッションを実施します。皆さんの御来場をお待ちしています。

1 県立文書館のリニューアルオープン

4月2日(火曜日) 9時00分から

2 開館50周年&リニューアル記念シンポジウム

(1)日時

 5月21日(火曜日) 13時00分~17時00分

(2)会場

埼玉会館  小ホール

(3)参加費

無料

(4)内容

ア 記念講演

講師:国文学研究資料館長 ロバート キャンベル 氏

演題:「蔵の中には小宇宙 ~江戸から明治の“ふみくら”を開く~」

イ  パネルディスカッション

アーカイブズ(地域の歴史や文化の記録である資料)の魅力と文書館の役割についてお伝えします。

パネリスト:松沢裕作 氏(慶應義塾大学経済学部准教授)

森本祥子 氏(東京大学文書館准教授)

鈴木紀三雄 氏(行田市郷土博物館副館長)

(5)参加申込

4月1日(月曜日)から、電子申請(当館ホームページから)または往復はがき(郵便番号、住所、氏名、電話番号を参加人数分(2人まで)明記)で県立文書館(郵便番号330-0063、さいたま市浦和区高砂4-3-18)にお申込みください(先着順350人)。

文書館ホームページ:http://www.monjo.spec.ed.jp/

県政ニュースのトップに戻る