Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2019年3月 > 埼玉県鉱工業指数の平成27年基準への改定と平成31年1月分について

ここから本文です。

 

発表日:2019年3月26日14時

県政ニュース

埼玉県鉱工業指数の平成27年基準への改定と平成31年1月分について

部局名:総務部
課所名:統計課
担当名:動態統計担当
担当者名:川端・久保・安藤・斎藤

内線電話番号:2320
直通電話番号:048-830-2320
Email:a2300-02@pref.saitama.lg.jp

平成27年基準への改定について

1 概要

埼玉県鉱工業指数は、5年ごとに基準年を更新して、毎月の指数を算出しています。このたび、平成22年から平成27年への基準改定を行い、平成31年1

月分から新基準への切り替えを行いました。

2 改定の主な内容

(1)指数の基準年を平成22年(2010年)から平成27年(2015年)に移行しました。生産・出荷等の各指数は、平成27年の平均値が100.0になります。

(2)業種分類について、参考系列であった「公益事業(電気、ガス)」を廃止するとともに、「産業総合」を廃止しました。

(3)県内製造業の実態をより反映させるため、一部の採用品目の入れ替えを行いました。

ア 新たに採用した品目

食器洗い乾燥機、アイスクリームなど18品目

イ 非採用とした品目

数値制御ロボット、デジタル複写機など25品目

(4)平成27年の県内産業構造の状況を基に、業種別、品目別等のウェイトを算定しました。

ア 生産指数のウェイトが上昇した主な業種

食料品工業、パルプ・紙・紙加工品工業など15業種

イ 生産指数のウェイトが下降した主な業種

化学工業、輸送機械工業など8業種

この基準改定に関するホームページアドレス

『鉱工業指数基準改定の概要』http://www.pref.saitama.lg.jp/a0206/a099/a099-kaitei.html

平成31年1月分 鉱工業指数について

生産、出荷ともに3か月連続の低下。

1概要

 

 

指数

前期比(%)

前年同期比(%)

生産

 94.2

-5.8

-1.4

出荷

 97.4

-3.9

0.4

在庫

86.6

-0.1

-3.0

在庫率

93.4

5.1

-2.7

成31年1月の生産指数は、生産用機械工業、情報通信機械工業などの低下により3か月連続の低下となりました。出荷指数は、輸送機械工業、生産用機械工業などの低下により3か月連続の低下となりました。在庫は4か月連続の低下、在庫率は3か月連続の上昇となっています。

なお、新基準(平成27年基準)に基づき、過去の指数も再計算しています。

2 業種・品目別動向(生産・出荷23業種 、在庫20業種)

< 生産 > 上昇・3業種低下・19業種横ばい・1業種

包装・荷造機械などを含む生産用機械工業、カーオーディオなどを含む情報通信機械工業など19業種で低下しました。

一方で、めん類などを含む食料品工業、スチール製缶などを含む金属製品工業などの業種で上昇しました。

< 出荷 > 上昇・2業種低下・21業種

乗用車などを含む輸送機械工業、包装・荷造機械などを含む生産用機械工業など21の業種で低下しました。

一方で、炭酸飲料など含む食料品工業、シャープペンシルなどを含むその他製品工業などの業種で上昇しました。

< 在庫 > 上昇・10業種低下・10業種

マシニングセンタなどを含む生産用機械工業、プラスチック製容器などを含むプラスチック製品工業などの業種で低下しました。

一方で、混成集積回路などを含む電子部品・デバイス工業、アルミエクステリアなどを含む金属製品工業などの業種で上昇しました。

1月分の指数に関するホームページアドレス

『埼玉県鉱工業指数』http://www.pref.saitama.lg.jp/a0206/a099/index.html

県政ニュースのトップに戻る