Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2019年3月 > 第3期埼玉県教育振興基本計画の策定について

ここから本文です。

 

発表日:2019年3月18日14時

県政ニュース

第3期埼玉県教育振興基本計画の策定について

部局名:教育局
課所名:教育政策課
担当名:政策担当
担当者名:廣川・田中

内線電話番号:6990
直通電話番号:048-830-6990
Email:a6992@pref.saitama.lg.jp

このたび、「第3期埼玉県教育振興基本計画(平成31年度~平成35年度)」を、2月定例県議会における議決を経て策定しました。

3期計画では、教育を取り巻く社会の動向や第2期埼玉県教育振興基本計画の成果と課題などを踏まえ、国の第3期教育振興基本計画を参酌しながら、今後5年間に取り組む本県教育の目標と施策の体系を示しています。

1 基本理念

社会の変化を正確に予測することが困難なこれからの時代においては、主体的に社会に関わり、多様な人々との交流を通じて、新たな価値を創造し、人生や社会の未来を切り拓ひら くことのできる力が求められます。

このような力を有し、社会の持続的な発展を支える担い手を育てていく上で、教育の使命は極めて重要です。

この使命を果たすため、第3期計画では、本県の教育行政を進めていく基本的な考え方として、次の基本理念を掲げます。

「豊かな学びで未来を拓(ひら)く埼玉教育

この基本理念は、県民の誰もが参画し得る生涯を通じた多様な学び(「豊かな学び」)で、人生や社会の未来を切り拓(ひら)く力を育む(「未来を拓(ひら)く」)ことを目指しています。

2 内容

本理念「豊かな学びで未来を拓(ひら)く埼玉教育」を踏まえ、10の目標のもとに、30の施策と155の主な取組を設定しています。また、進捗状況を把握するため、38の指標を設定しています。

<10の目標>

Ⅰ 確かな学力の育成

Ⅱ 豊かな心の育成Ⅶ家庭・地域の教育力の向上

Ⅲ 健やかな体の育成

Ⅳ 自立する力の育成

Ⅴ 多様なニーズに対応した教育の推進

Ⅵ 質の高い学校教育のための環境の充実

Ⅶ 家庭・地域の教育力の向上

Ⅷ 生涯にわたる学びの推進

Ⅸ 文化芸術の振興

Ⅹ スポーツの推進

3 第3期計画における施策の例

(1)目標Ⅰ 確かな学力の育成

ア 施策1  一人一人の学力を伸ばす教育の推進

「埼玉県学力・学習状況調査」の実施と指導方法の改善

「埼玉県学力・学習状況調査」を実施し、児童生徒一人一人の学力などを確実に伸ばす学習指導を推進

学習データを活用した個に応じた学びの研究

学力テスト等のデータ分析を基に、個に応じた指導の実践研究を推進

イ 施策2  新しい時代に求められる資質・能力の育成

「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業改善の推進

児童生徒が主体的に授業に参加し、相互に意見を述べ合い理解を深める「協調学習」に取り組むなど、授業改善を推進

(2)目標Ⅴ 多様なニーズに対応した教育の推進

施策13  障害のある子供への支援・指導の充実

共生社会を目指した「多様な学びの場」の充実

新たな特別支援学校の計画的な設置など、学習環境の整備・充実を推進

(3)目標Ⅵ 質の高い学校教育のための環境の充実

施策18  学校の組織運営の改善

学校における働き方改革の推進

教職員の長時間勤務の縮減を図り子供と向き合う時間を確保し、教育の質を向上させるため、学校における働き方改革を推進

(4)目標Ⅶ 家庭・地域の教育力の向上

施策24  地域と連携・協働した教育の推進

地域の人的・物的資源を活用した学びの充実

企業やNPO、地域コミュニティなど、学校以外の人的・物的資源を活用した実社会からの学びを充実するとともに、学校の力を地域で生かす取組を推進

4 県民コメントの結果について

計画の策定に当たり、寄せられた御意見及び県の考え方を公表します。

(1)意見を募集した期間

平成30年9月11日(火曜日)から平成30年10月10日(水曜日)まで

(2)意見件数

26人から79件の意見

5 計画及び県民コメントの結果の入手方法

(1)埼玉県ホームページからの入手

アドレス:http://www.pref.saitama.lg.jp/f2203/dai3ki.html

(2)冊子の作成・頒布

計画については、平成31年7月下旬を目途に、写真やイラスト等を入れた冊子を作成し、埼玉県県政情報センターにおいて頒布(有償)する予定です。

県政ニュースのトップに戻る