Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2019年3月 > 県立学校初のコミュニティ・スクールを導入します

ここから本文です。

 

発表日:2019年3月18日14時

県政ニュース

県立学校初のコミュニティ・スクールを導入します

部局名:教育局
課所名:県立学校人事課
担当名:学校・人事評価担当
担当者名:本田

内線電話番号:6712
直通電話番号:048-830-6712
Email:a6720-05@pref.saitama.lg.jp

県教育委員会では、保護者、地域住民等の学校運営への参画や支援・協力を促進し、学校運営の改善並びに幼児、児童及び生徒の健全育成に取り組むため、平成31年度にコミュニティ・スクール(学校運営協議会を置く学校のことをいう。)を県立学校3校に導入します。県立学校へのコミュニティ・スクールの導入は、初の取組です。

1 学校運営協議会制度の目的

学校運営協議会は、学校運営及び当該運営への必要な支援に関して協議する機関として、保護者、地域住民等の学校運営への参画や支援・協力を促進することにより、学校と保護者、地域住民等との間の信頼関係を深め、学校運営の改善並びに幼児、児童及び生徒の健全育成に取り組みます。

2 導入時期

平成31年4月1日

3 導入校(3校)

県立大宮工業高校、県立小鹿野高校、県立本庄特別支援学校

4 これまでの取組

平成27年度から3年間「未来を拓く学校づくり推進事業」として、県立学校3校で保護者、地域住民等が学校運営に参画する協働型の学校づくりに取り組みました。

成29年3月の「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の改正で、学校運営協議会の設置が全公立学校に努力義務となったことを踏まえ、平成30年度は、コミュニティ・スクールの導入に向けた研究・準備を行ってまいりました。

県政ニュースのトップに戻る