Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2019年3月 > 見えない地下を科学で解明  埼玉県地質地盤資料集(2018年度版)を発行

ここから本文です。

 

発表日:2019年3月8日11時

県政ニュース

見えない地下を科学で解明  埼玉県地質地盤資料集(2018年度版)を発行

部局名:環境部
課所名:環境科学国際センター
担当名:土壌・地下水・地盤担当
担当者名:八戸・濱元

直通電話番号:0480-73-8368
Email:a738331@pref.saitama.lg.jp

埼玉県環境科学国際センターは、目に見えない地下の問題を解決するため、さまざまな科学的手法でアプローチしています。とりわけ、地質や地盤の性質を表す最も重要な基礎情報であるボーリング柱状図は、誰もが利用しやすいようにデータベース化することで、環境・建設・防災などさまざまな分野で、目的に応じた高度な解析が実施可能となります。

このたび、ボーリング柱状図をはじめ、研究を進めるために収集してきた数多くのデータをまとめ、埼玉県地質地盤資料集を改訂するとともに、ウェブGISを更に拡充いたしました。

企業、大学や研究機関の方々には環境、建設、防災等の分野で利用いただけるほか、県民の皆様にもお住まいの地区の地盤を知る資料としてご利用頂けます。是非ご活用ください。

1.埼玉県地質地盤資料集の内容について

資料集では以下の4種類のデータを掲載しています。

(1)ボーリング柱状図1)集  5,948地点

当センターが環境研究を進める上で収集・整理してきた県内のボーリング柱状図を閲覧できます。今回の改訂では、1,274地点を追加し、改訂前(2012年度)の1.3倍の5,948地点の柱状図を掲載しました(図1)。

ボーリング柱状図を一括管理することで、地下の構造を三次元的に推定するなど、より高度な解析が可能となります(図2)。

また、ボーリング柱状図には、深度毎の土質(地層)の状態や硬さの情報などが記述されており、環境調査のほか、地震対策、建設工事、土地取得などの際、参考資料として活用することができます。

(2)深層S波速度構造2)データ集  78地点

当センターが実用化に貢献した調査手法(微動探査法)により測定した、広域かつ深さ約3千mまでの深層の地下構造の推定データを閲覧できます(図3)。

今回の改訂では、加須低地の11地点のデータを追加し、改訂前(2012年度)の1.2倍の78地点を掲載しました。

本データは、各地域の地震動予測や耐震設計に有用です。

(3)地下温度データ(23地点)及び地中熱ポテンシャル3)

県内23地点における地下の温度データと共に今回新たに地中熱ポテンシャルマップ(図4)を閲覧できます。

地下の温度データや地中熱ポテンシャルマップは、再生可能エネルギー技術の一つとして注目される地中熱利用システム4)の導入に有用な情報です。

例えば、地中熱利用システムを設置する場所の熱の利用可能量や運転シミュレーションの設計計算にも役立てられ、ボーリング柱状図と併せて利用することにより、適切な地中熱利用システムの導入が可能となります(図5)。

(4)地下水質データ集  620地点

県内各地の地下水質(水素イオン濃度指数(pH)5、電気伝導度6)、酸化還元電位7)、鉄濃度、マンガン濃度など)の基礎データを閲覧することができます。

今回の改訂では、新たに354地点を追加し、改訂前(2012年度)の2.3倍の620地点のデータを掲載しました。

このデータは、地下水汚染発覚時の初動調査などに役立ちます(図6)。

2.閲覧・入手方法

(1)書籍

〔サイズ〕A列4判

〔部数〕600部

〔ページ数〕1,072ページ

〔配布先〕県立図書館、県立文書館、県地域振興センター、県政情報センター、県土整備事務所、県環境管理事務所、市町村図書館など

〔販売〕県政情報センター(県庁内)

電話048-824-2111(内線2543)

〔販売価格〕税込3,780円

(2)インターネットでの閲覧

資料集や柱状図は無償でインターネットから直接ダウンロードもできます。

(a)資料集原稿のダウンロード

資料集(PDF形式)を直接ダウンロードできます。

(b)ウェブGIS8) からのデータ検索

資料集に掲載されているデータのうち「ボーリング柱状図」、「地下温度データ」及び「地中熱ポテンシャル」は県で公開しているウェブGIS「Atlas Eco Saitama9)(https://cessgis.maps.arcgis.com/home/index.html)」でダウンロードできます(図7)。

資料集に掲載されているボーリング柱状図よりもさらに詳しい情報を調べたい方はウェブGIS「Atlas Eco Saitama」がおすすめです。このウェブGISでは、各地層の状況などより詳細な地質情報などが記述されたボーリング柱状図(図8)が表示され、道路地図・地形図・衛星画像など様々な背景地図の上で閲覧することができます。

【参考資料:図、用語説明(PDF:1,150KB)

3.問合せ先

資料集の閲覧方法やボーリング柱状図の見方などは以下へお問い合わせください。

埼玉県環境科学国際センター  土壌・地下水・地盤担当  八戸・濱元

電話  0480-73-8368

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。