Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2019年3月 > 産業廃棄物処理業者に対する行政処分について(事業の全部停止及び施設の使用の全部停止 60日間)

ここから本文です。

 

発表日:2019年3月7日10時

県政ニュース

産業廃棄物処理業者に対する行政処分について(事業の全部停止及び施設の使用の全部停止 60日間)

部局名:環境部
課所名:西部環境管理事務所
担当名:廃棄物・残土対策担当
担当者名:川端、北澤、夏目田

直通電話番号:049-244-1805
Email:r4412505@pref.saitama.lg.jp

玉県知事は有限会社エコプランに対し、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「法」という。)第14条の3の規定に基づく産業廃棄物収集運搬業及び産業廃棄物処分業の事業の全部停止及び法第15条の2の7の規定に基づく産業廃棄物処理施設の使用の全部停止を命じました。

1 行政処分の対象とした許可

名称  有限会社エコプラン(代表取締役:具志  恒正)

所在地  東京都昭島市宮沢町二丁目6番33号

許可の内容

(1)産業廃棄物収集運搬業の許可

許可番号:01110150179

取り扱える産業廃棄物の種類:燃え殻、汚泥、廃プラスチック類(*)、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く。)及び陶磁器くず(*)、鉱さい、がれき類(*)、ばいじん

以上13種類

積替え保管できる産業廃棄物の種類:紙くず、繊維くず以上2種類

※産業廃棄物の種類に(*)表示のある場合は石綿含有産業廃棄物を含み、表示のない場合は含まない。

(2)産業廃棄物処分業の許可

許可番号:01120150179

事業の範囲:中間処理

破砕:廃プラスチック類、木くず、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く。)及び陶磁器くず、がれき類

以上6種類

圧縮:廃プラスチック類(軟質系のものに限る。)、金属くず(付着物のないものに限る。)以上2種類

(3)産業廃棄物処理施設の設置許可

 1)許可番号:第2-62号

破砕施設:木くず

処理能力:10.74t/日

 2)許可番号:第2-63号

破砕施設:ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く。)及び陶磁器くず、がれき類

処理能力:79.20t/日(がれき類)

2 処分内容

産業廃棄物収集運搬業及び産業廃棄物処分業の事業の全部停止 60日間

産業廃棄物処理施設の使用の全部停止 60日間

(平成31年3月18日から平成31年5月16日まで)

3 行政処分を決定した日

平成31年3月7日

4 行政処分を行う理由

(1)再委託禁止違反

有限会社エコプランは、処分受託した木くずを排出事業者の書面による承諾を受けずに12回再委託した。(法第14条第16項に違反)

(2)産業廃棄物管理票虚偽記載

同社は、少なくとも35回、処分受託した木くずの産業廃棄物管理票に、実際には処分が終了していないにもかかわらず、処分を終了した年月日を記載した。

(法第12条の3第4項に違反)

(3)委託基準違反

同社は、産業廃棄物収集運搬委託契約書に、委託する産業廃棄物の数量及び委託者が受託者に支払う料金が記載されていないにもかかわらず、産業廃棄物の収集運搬を50回委託した。(法第12条第6項に違反)

(4)法第18条第1項の規定に基づく報告における虚偽報告

同社は県が求めた法第18条第1項の規定に基づく報告に対し、木くずの破砕機の稼働について正しく報告していなかった。(法第30条第7号の違反行為)

以上のことから法第14条の3第1号及び法第15条の2の7第3号に該当。

県政ニュースのトップに戻る