Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年12月 > さいたま文学館 テーマ展「武蔵野のおもかげ~自然と文学~」の開催について

ここから本文です。

 

発表日:2017年12月28日14時

県政ニュース

さいたま文学館 テーマ展「武蔵野のおもかげ~自然と文学~」の開催について

部局名:教育局
課所名:生涯学習文化財課
担当名:さいたま文学館駐在
担当者名:渡

直通電話番号:048-789-1515
Email:mail@saitama-bungakukan.org

さいたま文学館では、1月20日(土曜日)からテーマ展「武蔵野のおもかげ~自然と文学~」を開催します。

このテーマ展では、古きよき武蔵野のおもかげや情景について、「武蔵野」を舞台にした文学作品とともに、写真などを通して紹介します。

また、関連事業として石丸謙二郎氏による朗読会やドキュメンタリー映画の上映会も開催します。

是非、多くの皆様に足を運んでいただきますよう御案内申し上げます。

【展示の概要】

1 趣旨

埼玉県の南西部から東京都の西部にかけて広がる「武蔵野」は、古くから歌に詠まれ、文学の題材として取り上げられてきました。その豊かな自然は、多くの文豪たちにこよなく愛され、国木田独歩の『武蔵野』をはじめとして、田山花袋や正岡子規らの作品の中で、その風景美が描かれています。

近年、武蔵野の自然は徐々に失われつつありますが、古きよき武蔵野のおもかげを偲ばせる地域はまだ残っています。

今回の展示では、「武蔵野」を愛した文豪たちの文学作品などを紹介するとともに、作品の舞台となった武蔵野の風景やそのおもかげを追慕する写真などを展示します。併せて、人気アニメ「となりのトトロ」のモチーフになったともいわれる狭山丘陵にスポットを当て、「公益財団法人トトロのふるさと基金」などによる武蔵野の貴重な自然を保全するための取組も紹介します。この展示を機に、古きよき武蔵野のおもかげに思いをはせ、その貴重な自然を未来に引き継いでいくことの大切さを再発見していただければと考えています。

2 会期

平成30年1月20日(土曜日)から3月4日(日曜日)まで

※休館日:月曜日(月曜日が休日の場合は火曜日)・第4火曜日(1月22・23・29日・2月5・13・19・26・27日)

3 会場

さいたま文学館 企画展示室

(桶川市若宮1-5-9)

4 開館時間

午前10時から午後5時30分まで(入館は午後5時まで)

5 観覧料

一般210円 学生・生徒100円

(中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介助の方1名は無料) 

6 展示構成

1. 武蔵野の文学

(1)独歩の『武蔵野』とその風景

 国木田独歩がこよなく愛した武蔵野の自然やその情景について、代表作『武蔵野』における描写や絵図・写真などを通して紹介するとともに、その古きよきおもかげを探る。

(2)文豪たちが愛した武蔵野

高濱虚子や田山花袋など埼玉ゆかりの文学者による武蔵野を描いた数々の作品などを紹介。
2. 武蔵野のおもかげを求めて
(3)今も残る武蔵野のおもかげ~狭山丘陵に残る武蔵野・「トトロの森」~
アニメ「となりのトトロ」のモチーフの一つにもなったといわれている狭山丘陵。
都心周辺で今も武蔵野のおもかげを残す狭山丘陵の貴重な自然や「トトロの森」を紹介。併せて「となりのトトロ」の絵本等も展示。
(4)武蔵野の自然を守る~トトロのふるさと基金の活動とトトロの森~
武蔵野の自然を保全する取り組みの一環として、狭山丘陵周辺で活動する公益財団法人トトロのふるさと基金やさいたま緑の森博物館等の取組を紹介。

【関連事業】

1 朗読会「武蔵野を読む」

日時:平成30年1月21日(日曜日) 14時~15時30分

内容:石丸謙二郎氏による『武蔵野』などの朗読

※石丸謙二郎氏は、映画やテレビドラマなどで活躍している俳優。特に、「世界の車窓から」では、落ち着いた語り口調でナレーションを務められています。

2 新作ドキュメンタリー映画「武蔵野」上映会

日時:平成30年2月3日(土曜日) 14時~16時30分

内容:新作ドキュメンタリー映画「武蔵野」の上映と監督の原村政樹氏による解説

※映画「武蔵野」は、川越市在住の映画監督原村正樹氏による最新作。作家村上龍氏・映画監督高畑勲氏などの著名人も応援している話題作で、一般向けとしては今回が初上映となります。

3 記念講演会「国木田独歩と武蔵野」

日時:平成30年2月24日(土曜日) 14時~15時30分

講師:中島礼子氏(国士舘大学教授)

内容:国木田独歩と武蔵野との関わりについての講演

 

※上記1~3のいずれの事業も、会場は文学ホール(当館1階、参加費無料)

※さいたま文学館に電話(電話 048-789-1515)でお申し込みください。

平成30年1月4日(木曜日)から申込開始(先着順)します(定員200名)。

 

 

県政ニュースのトップに戻る