Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年11月 > 古綾瀬川の着色事故について、原因者の改善が完了しました。

ここから本文です。

 

発表日:2017年11月30日15時

県政ニュース

古綾瀬川の着色事故について、原因者の改善が完了しました。

部局名:環境部
課所名:水環境課
担当名:水環境担当
担当者名:佐藤、野村

直通電話番号:048-830-3081
Email:a3070-01@pref.saitama.lg.jp

 

 古綾瀬川で発生した塩化銅溶液の流出による河川の着色事故について、原因者に対し水質汚濁防止法の規定に基づき改善命令を発出していましたが、改善が完了したので河川への排出を認めました。 

 なお、原因者が河川へ放流している排出水の水質及び古綾瀬川の水質について、本日、通常と異ならないことを確認しました。

 

1 原因者

 名称          東信化学工業株式会社(代表取締役:日野一夫)

 所在地       東京都中央区日本橋本石町4-5-19

 工場所在地 八潮市大字新町29-4

 事業の概要 工業薬品製造業

 

2 改善命令の内容

 排出水を排水基準に適合させること。(改善期限 平成29年11月29日)

 改善が完了するまでは、河川への排出を認めない。

 

3 改善の状況

 県が原因者の工場に対し立入検査を行い、以下の改善措置及び処理状況を確認しました。

  1. 排水処理施設の点検及び清掃を行い、正常に排水処理が行えること。
  2. 保有する全タンクの点検を行い、ヒビ等の異常がないこと。
  3. タンクが破損した場合でも、緊急回収タンクに排水を誘導することで外部への流出を防止すること。
  4. 排水処理された水(排出前)が、排水基準に適合していること。

      ・銅含有量として0.30mg/L未満(排水基準:3mg/L)

 

4 排出水の水質及び古綾瀬川の水質

 工場からの排出水及び河川水の銅含有量を測定した結果は下表のとおりです。

 

 

事故翌日(12日採水)

本日(30日採水)

排水基準

工場からの排出水

(排出停止中)

0.30mg/L未満

3mg/L

弁天橋付近の河川水

3.19mg/L

0.04mg/L

-

綾瀬川との合流点付近

の河川水

1.39mg/L

0.01mg/L

-

 

県政ニュースのトップに戻る