Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年11月 > 平成29年度埼玉県政世論調査結果(最終報告) ―「シニアの社会参加」「性的少数者(LGBT)」をテーマとした課題調査などの結果について―

ここから本文です。

 

発表日:2017年11月30日14時

県政ニュース

平成29年度埼玉県政世論調査結果(最終報告) ―「シニアの社会参加」「性的少数者(LGBT)」をテーマとした課題調査などの結果について―

部局名:県民生活部
課所名:広聴広報課
担当名:広聴・知事への提言担当
担当者名:田中、堀口

内線電話番号:2850
直通電話番号:048-830-2850
Email:a2840-14@pref.saitama.lg.jp

 県民の要望や生活意識などを把握し、県政推進の資料とするため毎年度実施している埼玉県政世論調査について、今年度の結果がまとまりました。

 毎年度実施している「生活意識」「日常生活」「県政への要望」に関する定期調査のほか、今年度の課題調査として「シニアの社会参加」「性的少数者(LGBT)」の2つのテーマを取り上げ、調査を行いました。

 「シニアの社会参加」では、地域社会活動を始めた後に感じたことなど、「性的少数者(LGBT)」では、自身の身の回りにいる性的少数者に対して見聞きしたことなどについてお聴きしました。

 ※定期調査項目のうち、「生活意識」と「県政への要望」の調査結果については、9月22日に中間報告(速報)として公表済みです。

調査の概要

1 調査設計

 ○調査地域 埼玉県全域

 ○調査対象 県内に住む満18歳以上の男女個人

 ○標本数 3,000人

 ○標本抽出 住民基本台帳による層化二段無作為抽出法

 ○調査方法 調査員による個別訪問面接聴取法

 ○調査期間 平成29年7月7日(金曜日)~31日(月曜日) 

 

2 回収結果

 回収率 71.3%(回収数2,140人/標本数3,000人) 

 

3 主な調査結果

(1)課題調査

 1)「シニアの社会参加」について

 <地域社会活動を始めた後に感じたこと>

 ・地域社会活動への参加経験があるシニア世代(60歳以上)では、「地域社会に貢献できた」(41.1%)が4割強と最も高く、次いで「地域社会活動は楽しい」(22.9%)、「社会への見方が広がった」(17.6%)などとなっています。

 <地域社会活動に一歩踏み出すための活動内容>

 ・「シニアが地域社会活動に一歩踏み出すためには、どのような内容の活動がよいと思いますか。」との質問では、「趣味が生かせる」が5割弱(48.4%)でした。

 ・次いで、「仕事で得た知識や経験、技術が生かせる」(45.1%)、「自分が関心のある分野の活動」(45.0%)、「自宅から近い」(44.0%)が4割台半ばとなっています。

 2)「性的少数者(LGBT)」について  

 <自身の身の回りにいる性的少数者に対して見聞きしたこと>

 ・身のまわりに性的少数者がいた方(12.5%)が回答

 ・「職場・学校において、嫌がらせをされたり、からかわれたりすること」(20.5%)が2割を超えて最も高く、次いで、「じろじろ見られたり、避けられたりすること」(19.4%)が約2割となっています。

 

(2)定期調査「日常生活」

 東京2020オリンピック・パラリンピック、ラグビーワールドカップ2019に関する項目は、大会開催まで継続実施します。

 1)「東京2020オリンピック・パラリンピック 埼玉県内で開催される競技の認知状況」

 ・「サッカー」(38.8%)が4割弱で最も高く、次いで、「ゴルフ」(36.8%)、「バスケットボール」(18.6%)、「射撃」(10.9%)となっています。

 2)「ラグビーワールドカップ2019熊谷開催の認知度」

 ・「知っている」が3割台半ば(36.2%)となっています。

 

※ 調査結果をまとめた報告書については、次のホームページでご覧いただけます。

 http://www.pref.saitama.lg.jp/a0301/yoron/yoron2017-hokoku.html

 なお、報告書は県政情報センター(048-830-2543)や各県立図書館、県各地域振興センター・事務所などでも閲覧できます。(県政情報センターでは販売も行います。)


問合せ先 

【課題調査等の内容について】

 <シニアの社会参加>

 県民生活部共助社会づくり課 担当 加藤 電話048-830-2817

 <性的少数者(LGBT)>

 県民生活部人権推進課 担当 菅原、会田 電話048-830-2255 

 <東京2020オリンピック・パラリンピック>

 県民生活部オリンピック・パラリンピック課 担当 上田 電話048-830-2881

 <ラグビーワールドカップ2019>

 県民生活部ラグビーワールドカップ2019大会課 担当 境 電話048-830-6870

 

【その他調査全般について】

 県民生活部広聴広報課 担当 田中、堀口 電話048-830-2850

 

県政ニュースのトップに戻る