Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年11月 > 「超高齢社会の医療を考える ~人生の最終段階の医療を含めて~」を開催します

ここから本文です。

 

発表日:2017年11月21日14時

県政ニュース

「超高齢社会の医療を考える ~人生の最終段階の医療を含めて~」を開催します

部局名:保健医療部
課所名:医療整備課
担当名:在宅医療推進担当
担当者名:小暮

内線電話番号:3545
直通電話番号:048-830-3545
Email:a3530-08@pref.saitama.lg.jp

 

 世界一と認められている皆保険制度をいかに堅持していくのか、健康長寿社会を築いていくための方策とは、「その人にふさわしい最期の医療」とはどのようなものかを考え、埼玉県から全国に向けて発信するためのシンポジウムを開催します。

 

1 名称 

 医療シンポジウム「超高齢社会の医療を考える ~人生の最終段階の医療を含めて~」

2 主催者

 公益社団法人日本医師会、一般社団法人埼玉県医師会、埼玉県

3 日時

 平成29年11月24日(金曜日) 午後1時開演

4 場所

 パレスホテル大宮 4階 ローズルーム

5 内容

 (1)基調講演 

 講師:横倉 義武 日本医師会長・世界医師会長

 (2)パネルディスカッション

 座長:田中 滋 慶應義塾大学名誉教授 

 パネリスト:唐澤 剛 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局地方創生総括官 

                  森田 光一 東松山市長 

                  本田 麻由美 読売新聞東京本社社長直属医療ネットワーク事務局次長 

                  齋木 実 埼玉医科大学国際医療センター総合診療・地域医療科准教授 

                    大石 昭則 県民代表

 (3)埼玉宣言

 上田 清司 埼玉県知事 

6 定員

 500名(先着順)

7 参加費

 無料

8 問い合わせ先

 一般社団法人埼玉県医師会 業務2.課

 電話:048-824-2611

 

 

【参考:チラシ】(PDF:3,455KB)

 

 

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。