Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年11月 > 水質汚濁防止法規制対象事業者に対する行政処分(改善命令)について

ここから本文です。

 

発表日:2017年11月15日17時

県政ニュース

水質汚濁防止法規制対象事業者に対する行政処分(改善命令)について

部局名:環境部
課所名:水環境課
担当名:水環境担当
担当者名:眞砂、佐藤

直通電話番号:048-830-3081
Email:a3070-01@pref.saitama.lg.jp

 平成29年11月11日に古綾瀬川で発生した塩化銅溶液の流出による魚へい死事故について、事業者に対し水質汚濁防止法の規定に基づき本日、改善命令を発出しました。 

1 被処分者及び届出の内容

 名称 東信化学工業株式会社(代表取締役:日野一夫)

 所在地 東京都中央区日本橋本石町4-5-19

 工場所在地 八潮市大字新町29-4

 事業の概要 工業薬品製造業

2 処分内容

 改善命令(改善期限 平成29年11月29日)

 改善が完了するまでは、河川への排出を認めない。

3 処分年月日

 平成29年11月15日

4 処分理由

 東信化学工業株式会社は、塩化銅溶液を場外に流出させ、もって古綾瀬川の水質に異常を生じさせた。

 このことは、水質汚濁防止法の排水基準に適合しない排出水を排出するおそれがあると認められることから、改善を命じるものである。

5 その他

 保有するタンク及び排水系統の総点検並びにその結果の報告などを指導した。

 

県政ニュースのトップに戻る