Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年11月 > 古綾瀬川において魚のへい死事故がありました(第2報)

ここから本文です。

 

発表日:2017年11月13日17時

県政ニュース

古綾瀬川において魚のへい死事故がありました(第2報)

部局名:環境部
課所名:水環境課
担当名:水環境担当
担当者名:眞砂、佐藤

内線電話番号:3081
直通電話番号:048-830-3081
Email:a3070-01@pref.saitama.lg.jp

 平成29年11月11日に古綾瀬川で発生した東信化学工業からの塩化銅溶液流出による魚へい死事故について、調査結果等をお知らせします。 

1 河川の状況

 ○13日午前中の古綾瀬川の状況は、ほぼ平常どおりになっています。

 ○事故のあった11日以降、古綾瀬川弁天橋付近、綾瀬川との合流点付近での銅含有量について水質分析を行った結果は表のとおりです。

 

 

 

簡易検査

の結果

(mg/L)

公定法による分析結果

(mg/L)

11日

14時50分頃

弁天橋付近

10以上

12日

10時15分頃

弁天橋付近

5~10

3.19

 

11時30分頃

綾瀬川との合流点付近

3

1.39

13日

8時45分

弁天橋付近

3

 

9時20分

綾瀬川との合流点付近

1

 

14時20分

弁天橋付近

0.5

 

14時30分

越戸橋付近

1

 

15時00分

綾瀬川との合流点付近

0.5未満

 ※水質汚濁防止法で定める工場から出る排水の基準は銅含有量として3mg/L以下 

 ○へい死した魚については、13日に約100匹回収しました。

2 今後の対応

 ○河川の監視及び水質の測定を行い、状況を確認します。

 ○引き続き、詳しい事故原因を究明し、再発防止策を指導します。

 

県政ニュースのトップに戻る