Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年11月 > 自由に人と会話するロボット 県民の日に登場 -独自技術で賢く 県庁オープンデーでおもてなし-

ここから本文です。

 

発表日:2017年11月7日14時

県政ニュース

自由に人と会話するロボット 県民の日に登場 -独自技術で賢く 県庁オープンデーでおもてなし-

部局名:産業労働部
課所名:先端産業課
担当名:推進担当
担当者名:小暮、宮武

内線電話番号:3776
直通電話番号:048-830-3737
Email:a3760-04@pref.saitama.lg.jp

課所名:(株)生活革命
担当者名:大堀

直通電話番号:048-829-7755
Email:support@seikaku.co.jp

 埼玉県は県庁オープンデーにおいて、自由に会話ができて動けるようになったロボット「なんでも喋るロボ for Pepper」をお披露目します。

 これは、さいたま市の(株)生活革命が県の先端産業創造プロジェクトの補助金を
活用してソフトウエア開発した技術です。

 賢くなったロボット(ペッパー)が、埼玉県にまつわるクイズやゲームにより、来場の皆様をおもてなしします。 

「なんでも喋るロボ for Pepper」について

1 「なんでも喋るロボ」とは

 (株)生活革命はイベント向けのロボットサービスとして「なんでも喋るロボ」を開発しました。本サービスを使うと、ロボットとの会話のバリエーションが無限に広がり、人とロボットが自由に会話することができます。本サービスはソフトバンクロボティクス株式会社が提供するコミュニケーションロボット「Pepper(ペッパー)」(以下、ペッパー)に対応します。

2 (株)生活革命のソフトウエア開発

 (株)生活革命は、2015年、ペッパーが一般発売されるより前からロボットのソフトウエア開発・イベント運営事業を行う企業で、100回以上のイベント実績を持ちます。「なんでも喋るロボ」では、この経験を活かしながら、先端産業創造プロジェクトとして、ロボットの会話能力や、その他制御技術を向上させるためのソフトウエアを開発しました。

3 同技術を活用したサービスの活用事例

 ・(株)アキュラホームのモデルルーム

 ・(株)NHKエデュケーショナルの高校生向け教育番組

 ・城北埼玉中学・高等学校の学校説明会

 ・パレスホテル東京 法人向けパーティー 等

4 補助金の活用

 ロボット産業の振興を図る先端産業創造プロジェクトの補助金により開発。

 補助事業期間は平成28(2016)年6月17日から平成29(2017)年2月28日まで。

 補助金額は1、234万円。 

県庁オープンデーにおけるお披露

1 日時 

 平成29年11月14日(火曜日)9時30分から16時00分まで

2 場所

 県庁中庭     

3 内容

 来場者と会話しながらゲームやクイズなどで来場者を楽しませる。

問合せ先 

補助金と県庁オープンデーについて 

 埼玉県産業労働部先端産業課 担当 小暮、宮武

 電話048-830-3737 

開発した技術とサービスの内容について 

 (株)生活革命 担当 大堀

 電話048-829-7755

 

県政ニュースのトップに戻る