Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年11月 > 環境科学国際センター県民の日特別企画「遊んで 学んで サイエンスの扉を開こう~」を開催します。

ここから本文です。

 

発表日:2017年11月7日14時

県政ニュース

環境科学国際センター県民の日特別企画「遊んで 学んで サイエンスの扉を開こう~」を開催します。

部局名:環境部
課所名:環境科学国際センター
担当名:学習・情報担当
担当者名:針谷・牧

直通電話番号:0480-73-8363
Email:g7383313@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県環境科学国際センターでは、11月14日(火曜日)の県民の日に特別企画を開催します。

 普段は、非公開の研究所内部を特別に大公開!今回は、研究所の中を自由に見学できます。研究員が、楽しく不思議な実験をしたり、研究成果をわかりやすく解説します。

 また、地域の生態系や人間の健康、農作物などに影響を及ぼすおそれのある外来生物、ヒアリやカミツキガメ、アライグマなどの標本やはく製を展示し、研究員がその生態などについて解説するコーナーもあります。

 県民の日は、環境科学国際センターで遊んで 学んで サイエンスの扉を開こう!! 

実施概要

1 開催日時

 平成29年11月14日(火曜日) 9時30分から16時30分

2 場所 

 環境科学国際センター

 (加須市上種足914)

 交通:JR高崎線鴻巣駅からバス15分、東武伊勢崎線加須駅からバス15分。 無料駐車場110台完備

3 主なイベント

 ○研究所大公開

 音の響かない不思議な部屋を体感したり、カラーペンの色を虹のように分ける実験などがみられます。

 ○サイエンスショー マイナス196℃の世界

 お花やボールを凍らせるとどうなるの?不思議な液体(液体窒素)を使ったサイエンスショーです。

 ○サイエンスショー 空気って力持ち!?

 目には見えない空気。空気の膨張・縮小などの特性を生かしたサイエンスショーです。

 ○外来生物を見てみよう

 ヒアリやカミツキガメ、セアカゴケグモ、クビアカツヤカミキリムシ、アライグマなどなど・・・多種多様な外来生物の標本やはく製を展示し、研究員がその生態について解説します。

 ○自然塩を作ろう

 海洋深層水を煮詰めて塩作りを体験しながら、塩や水の大切さなどを学びます。

 ○見てみよう感じてみよう 秋の生態園

 秋の生態園は実りの季節。ドングリやノイバラの実などの植物を観察しながら自然の大切さを学びます。集めた葉っぱや木の実で簡単な工作もします。

 このほかにも、オカリナコンサートや無料上映会などイベントが盛りだくさんです。

4 その他

 当日は、展示館入館料も含め、すべてのイベントが無料です。

 一部イベントは、参加に整理券が必要です。(当日配布)

 上記イベントの開始時間・詳しい内容は、ホームページをご確認ください。

 
(リンク切れのためURLを削除しました。)

 

県政ニュースのトップに戻る