Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年10月 > 平成29年度高圧ガス防災訓練を実施します~様々な高圧ガスの特性を目の前で御覧いただけます~

ここから本文です。

 

発表日:2017年10月2日14時

県政ニュース

平成29年度高圧ガス防災訓練を実施します~様々な高圧ガスの特性を目の前で御覧いただけます~

部局名:危機管理防災部
課所名:化学保安課
担当名:企画・高圧ガス担当
担当者名:福嶋、筒井

内線電話番号:8441
直通電話番号:048-830-8443
Email:a2970-01@pref.saitama.lg.jp

 

 

 高圧ガスを取り扱う事業者が集まり、高圧ガスによる事故を想定した実践的な訓練を実施します。

 また、炎が見えない水素や、空気に触れるだけで燃焼するモノシランなど、取り扱う上で注意が必要なガスについて、その特性を再認識し取扱い方法を学ぶ訓練も実施します。

 なお、訓練の様子は一般の方も見学できます。

 会場内の展示・体験コーナーでは、LPガス車や水素で走る燃料電池自動車の展示のほか、AED(自動体外式除細動器)の操作を体験することもできます。

 

 ※モノシラン:可燃性・毒性ガス 半導体素子の製造プロセスなどにおいて使用される。

実施概要

 1 目的

 高圧ガスによる事故を最小限に止め、地域住民などへの二次被害を防止するため、高圧ガスによる事故を想定した実践的な訓練を実施します。これにより高圧ガス取扱事業所の緊急対応技術を向上させるとともに、警察や消防機関との協力体制の確立や防災意識の高揚を図ります。

 2 日時

 平成29年10月19日(木曜日) 12時20分~15時10分

 ※1 展示・体験コーナーは11時30分から行います。

 ※2 雨天でも実施しますが、荒天の場合は、中止又は一部内容を変更させていただく場合があります。

 ※3 訓練の中止については、当日9時頃に県HPに掲載します。

   http://www.pref.saitama.lg.jp/a0403/h29kunrenjissi.html

 3 会場

 埼玉スタジアム2○○2 東駐車場(さいたま市緑区美園二丁目1番地)

会場(PDF:144KB)

 4 訓練内容

(1)基礎訓練

   (イ) アセチレンガス逆火阻止実験

   (ロ) 水素ガス及びモノシランガス燃焼実験

   (ハ) LPガス安全装置の作動実験及び気体・液体の比較燃焼実験

   (ニ) 通報訓練 (ホ) 空気呼吸器着装訓練

(2)総合訓練

 液化塩素容器積載車とLPガスタンクローリー車の災害想定処置訓練

(3)展示・体験コーナー

 ○  いつでも、どこでも炊出訓練応援隊及びLPガス安全機器等の展示PR ○  LPガス車の展示普及促進PR ○ 安全弁作動実験

 ○  オゾン層保護やフロン回収に関するパネルの展示   ○  可搬型燃料電池・水素で走る燃料電池自動車の展示

 ○  液化酸素・液化窒素の各種実験 ○ 空気呼吸器着装体験  ○  逆火防止器、調整器、吹管の展示 ○ 防災資器材の展示

 ○  心肺蘇生法(AED)体験 ○ 消防団員募集広報

 5 主催

 埼玉県、埼玉県高圧ガス団体連合会、埼玉県高圧ガス地域防災協議会

 6 参加機関等

 県警察本部警備部、浦和東警察署、さいたま市消防局、さいたま市、日本赤十字社埼玉県支部、高圧ガス関係団体等

 7 参加人員

 約1,000人

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。