Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年8月 > 「第1回全国盲学校フロアバレーボール大会」が埼玉県で開催されます -本県からは県立特別支援学校塙保己一学園(県立盲学校)が出場-

ここから本文です。

 

発表日:2017年8月10日14時

県政ニュース

「第1回全国盲学校フロアバレーボール大会」が埼玉県で開催されます -本県からは県立特別支援学校塙保己一学園(県立盲学校)が出場-

部局名:教育局
課所名:特別支援学校 塙保己一学園
担当者名:寺田

直通電話番号:049-231-2121
Email:r312121@pref.saitama.lg.jp

 「第1回全国盲学校フロアバレーボール大会※1」が、平成29年8月23日(水曜日)から8月25日(金曜日)までの3日間にわたり、さいたま市記念総合体育館で開催されます。

 全国8ブロックの予選会を勝ち抜いた代表校に主管校の県立特別支援学校塙保己一学園(県立盲学校)を加えた9校で熱戦が繰り広げられます。

 フロアバレーボールは「ボールを転がす」競技と言われています。ボールの速さがゆっくりなスポーツと思われるかもしれませんが、力いっぱい握った拳でボールを打つ(アタックする)スピード感あふれる競技で、トップレベルの選手のアタックは、健常者であってもボールを追い切れないほどのスピードです。

 ”競技に打ち込めることへの感謝とみなさまから声援され愛されるチーム”を目指す塙保己一学園は、全国優勝を目指し日々練習に励んでいます。皆様にも会場にお越しいただき、あたたかい声援のアタックをよろしくお願いします。

 なお、会場の床清掃やボールレトリバー※2などを担当するボランティアとして、県立川越特別支援学校たかしな分校、県立大宮北特別支援学校さいたま西分校及び県立特別支援学校さいたま桜高等学園の生徒が大会運営に参加します。

 

※1 フロアバレーボールとは、6人制バレーボールと同じコートを使用して、床上30cmに張られたネットの下を白いボールを通過させて対戦する競技です。1チーム6名で、後衛3名は弱視、前衛3名はアイマスクを着用して競技します。

 全盲や弱視の視覚障害者と健常者が同じコートに立ち、それぞれの持ち味を発揮してプレーできる共生社会にマッチしたスポーツとして人気が高まっています。

                                              【競技の様子】                                                                    【大会ロゴマーク】

 0810-0601 0810-0602 0810-0603

※2 ボールレトリバーとは、フロアバレーボールでボールがコートの外へ大きく外れていった場合に、予備のボールを選手に渡す係です。

1 大会日程

【第1日】8月23日(水曜日)

 11時45分~17時00分 公式練習

 17時15分~17時30分 組み合わせ抽選会

 17時40分~18時30分 代表者会議

【第2日】8月24日(木曜日)

  9時00分~ 9時30分 開会式

 10時15分~18時45分 予選リーグ

【第3日】8月25日(金曜日)9時30分~14時30分

  9時30分~11時00分 準決勝

 11時10分~12時10分 交流試合

 12時30分~14時00分 決勝、3位決定戦

 14時15分~14時30分 閉会式

 ※ 閉会式は、決勝戦の試合状況により時間が早まる場合があります。

2 会場

 さいたま市記念総合体育館(さいたま市桜区道場4-3-1)

3 参加チーム

 各地区(北海道、東北、関東、北信越、東海、近畿、中国・四国、九州)の代表及び主管校の計9チーム

4 競技方法

 予選3ブロックリーグ戦、決勝トーナメント及び順位決定戦

(1)試合時間は、90分

(2)各予選ブロック1位の3チームとそれ以外の中から1チームが決勝トーナメントに進出

5 チーム編成

 チーム編成は、監督1名、コーチ3名以内、選手12名以内

6 組み合わせ

 試合の組み合わせは、大会第1日目の公式練習終了後に、会場で組み合わせ抽選会を実施し決定

7 表彰

 第1位から第3位までのチームを表彰

 個人賞(最優秀選手賞1名、優秀選手賞2名、敢闘賞1名)を設け表彰

8 大会キャッチフレーズ

 「彩の夏 勝利を称える 時の鐘」

 ※ 埼玉県の愛称「彩の国」と主管校の県立特別支援学校塙保己一学園が所在する川越市のランドマークである「時の鐘」、そして全国大会にふさわしい熱戦が繰り広げられることを願ったものです。

9 主催等

(1)主催 全国盲学校体育連盟

(2)共催

 全国盲学校長会 全国盲学校PTA連合会

 (福)全国心身障害児福祉財団

(3)後援

 文部科学省 埼玉県 埼玉県教育委員会 さいたま市

 さいたま市教育委員会 (財)日本教育公務員弘済会埼玉支部

 埼玉県特別支援学校長会 埼玉県特別支援学校体育連盟

 毎日新聞社点字毎日 毎日新聞東京社会事業団

 日本フロアバレーボール連盟

(4)主管 関東地区盲学校体育連盟

(5)主管校 埼玉県立特別支援学校塙保己一学園

(6)協力

 埼玉県立川越特別支援学校川越たかしな分校

 埼玉県立特別支援学校さいたま桜高等学園

 埼玉県立大宮北特別支援学校さいたま西分校

10 問合せ先

 第1回全国盲学校フロアバレーボール大会事務局

 県立特別支援学校塙保己一学園内(川越市笠幡85-1)

 電話:049-231-2121 ファックス:049-231-2121

 E-mail:r312121@pref.saitama.lg.jp

 

※ 全国盲学校フロアバレーボール大会のホームページ

 http://floor-volleyball.com/

 

県政ニュースのトップに戻る