Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年8月 > 「埼玉でも開催 みんなで応援しよう東京2020パラリンピック」開催のお知らせ

ここから本文です。

 

発表日:2017年8月1日14時

県政ニュース

「埼玉でも開催 みんなで応援しよう東京2020パラリンピック」開催のお知らせ

部局名:県民生活部
課所名:オリンピック・パラリンピック課
担当名:気運醸成担当
担当者名:上田 芦邉 堀越

内線電話番号:2881
直通電話番号:048-830-2881
Email:a2880-02@pref.saitama.lg.jp

  東京2020パラリンピックでは、埼玉県内でも陸上自衛隊朝霞訓練場(朝霞市・和光市・新座市)で射撃競技が開催されます。

 県では、東京2020パラリンピック開催のちょうど3年前となる8月25日(金曜日)に、県総合リハビリテーションセンター体育館において記念イベントを開催します。

 パラリンピアンによるトークショーや、ビームライフル射撃、車いすバスケットボール、ボッチャなどのスポーツ体験コーナーをお楽しみいただけます。

 また、7月24日から県内を巡回しているオリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグの到着に伴い、フラッグを歓迎するステージイベントも行います。

 

1 日時

 平成29年8月25日(金曜日)13時00分~17時00分

2 会場

 県総合リハビリテーションセンター体育館(上尾市)

※当日はJR指扇駅と会場を結ぶ無料送迎バスを運行します。(障害のある方が優先です。乗車定員に限りがありますので、乗車できない場合があります。)

3 イベント内容

(1)根木 志(ねぎ しんじ) さん&アスリートによるトークショー

(2)スポーツ体験コーナー

車いすバスケットボール、ビームライフル射撃、ボッチャ、競技用車いす体験、ミニフリースロー

(3)彩の国パラ育成強化アスリート認定式

(4)東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアーステージイベント(東京2020組織委員会と共催)

(5)SAITAMA PRIDEアンバサダー認定コーナー

4 参加者プレゼント

  • 東京2020公式ライセンス商品「うちわ」(先着100名)
  • 東京2020オリンピック・パラリンピックピンバッジ(来場者全員)

5 参加費

 無料(事前申込不要)

6 主催

 2020オリンピック・パラリンピック/ラグビーワールドカップ2019

 埼玉県推進委員会、埼玉県

 

≪参考≫

根木 志(ねぎ しんじ)さんについて

 2000年に行われたシドニーパラリンピックにおいて、男子車いすバスケットボール日本代表キャプテンとして出場。現在は日本パラリンピック委員会運営委員などを務めています。

 また、現役時代から全国各地の小・中学校、高等学校を訪れ、講演やパラスポーツ体験授業を行うなど、精力的に活動しています。

 

○彩の国パラ育成強化アスリート認定式について

(概要)

 県では、東京2020パラリンピックに向けて、世界で活躍する選手を本県から輩出できるよう、才能ある若手選手の発掘、育成、強化を重点的に行う「彩の国パラリンピック選手育成強化事業」を実施しています。

 平成29年度は、陸上競技、水泳、卓球、アーチェリーの強化指定選手38人を対象に認定式を行います。

(彩の国パラ育成強化アスリートについての問い合わせ先)

担当:福祉部障害者福祉推進課 障害者スポーツ担当 関根、杉下

電話:(直通)048-830-3303 (内線)3303

E-mail:a3310-02@pref.saitama.lg.jp

事業の詳細は県ホームページ

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/kenko/shogaisha/jiritsu/sports/irodorinokunifureaipikku/para.html)をご覧ください。

 

○東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーについて

(概要)

 オリンピック・パラリンピックの象徴であるフラッグを全国に届け、オリンピック・パラリンピックの素晴らしさやその価値を伝えるとともに、東京2020大会に向けた一体感を創出することを目的としています。

 平成29年7月24日に埼玉県に引き継がれたフラッグは、9月24日までの間に県内36市町を巡ります。なお、今回の上尾市は20番目となります。

  • 主催:東京都、東京2020組織委員会、JOC、JPC
  • 詳細はフラッグツアー公式ホームページ(http://flagtour.jp/)をご覧ください。

県政ニュースのトップに戻る