Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年7月 > 平成29年度 国民保護実動訓練を実施します-大規模テロを想定した訓練を8月24日(木)に朝霞市で行います-

ここから本文です。

 

発表日:2017年7月28日14時

県政ニュース

平成29年度 国民保護実動訓練を実施します-大規模テロを想定した訓練を8月24日(木)に朝霞市で行います-

部局名:危機管理防災部
課所名:危機管理課
担当名:危機管理担当
担当者名:大山、梅澤

内線電話番号:8134
直通電話番号:048-830-8131
Email:a3115-03@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県では、平成17年度から毎年実施している国民保護(※解説参照)(PDF:4KB)実動訓練を朝霞市・新座市と共催で8月24日(木曜日)に実施します。

 13回目の今回は上田清司埼玉県知事、富岡 勝則(とみおか かつのり )朝霞市長及び並木 傑(なみき まさる)新座市長が出席し、朝霞中央公園を会場に化学剤と爆発物が使用されたテロ事案を想定して行います。

 県では緊急対処事態(※解説参照)(PDF:4KB)への能力向上を図るとともに、県民の皆様に国民保護制度の普及を図ってまいります。

 

1 日時

平成29年8月24日(木曜日) 13時15分~15時30分

 

2 会場      

朝霞中央公園 野球場・陸上競技場

 

3 参加機関

埼玉県、朝霞市、新座市、陸上自衛隊、埼玉県警察、埼玉県防災航空センター、埼玉県南西部消防本部、     朝霞地区医師会立朝霞准看護学校、

十文字学園女子大学 等

 

4 訓練項目 

初動体制の確立

(予定)

 ・観客の避難と誘導、立入規制

 ・化学剤の検知と回収

 ・負傷者の救出救助、トリアージ(※解説参照)(PDF:4KB) 、救護

 ・除染

 ・救急車や県防災ヘリ、自衛隊ヘリによる負傷者の搬送

 ・現地調整所の設置と運営

 ・爆発物処理 等

 

5 訓練の特徴

 ⑴ 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催地(※解説参照)(PDF:4KB)となる朝霞市・新座市との開催

 ⑵ 市域を越えた複数の市が連携する訓練


 

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。