Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年7月 > 荒川水系における取水制限の強化(20%)について

ここから本文です。

 

発表日:2017年7月20日14時

県政ニュース

荒川水系における取水制限の強化(20%)について

部局名:企画財政部
課所名:土地水政策課
担当名:水計画調整担当
担当者名:井上、岸本

内線電話番号:2190
直通電話番号:048-830-2190
Email:a2180@pref.saitama.lg.jp

 荒川水系では、7月5日(水曜日)午前9時から既に10%の取水制限を実施しています。しかし、引き続き少雨傾向であるため、荒川上流4ダム(二瀬ダム、滝沢ダム、浦山ダム、荒川貯水池)の貯水量は回復していません。

 このため、本日7月20日(木曜日)に開催された「荒川水系渇水調整協議会」において、明日から取水制限を20%に強化することが決定されました。

 これを受け、県では荒川水系の県管理ダム(合角ダム、有間ダム)についても同様に20%の取水制限を実施します。

 また、水道用水、農業用水への影響を最小限とするため、関係団体と対応を協議するとともに節水啓発の強化などの対策を実施します。

 県民の皆様には、更なる節水に御協力いただき、限りある貴重な水を大切に使っていただきますようお願いします。

 

 概要

1 取水制限の内容

 (1) 対象:荒川水系の荒川本川からの取水

 (2) 開始日時:平成29年7月21日(金曜日)午前9時から

 (3) 制限率:20%


2 渇水への対応

 (1) 水道用水:県営水道から市町への送水が平均で3%制限される予定

                   (市・町の自己水源(地下水等)の活用で給水制限なしの見通し)

 (2) 農業用水:農業利水者がゲート操作等で更にきめ細かい運用を行い、作物への影響を最小限とするよう工夫

 (3) 節水啓発:彩の国だよりや県政広報ラジオ番組での節水啓発、鉄道駅へのチラシ掲示依頼

 

3 身近な節水への取組方法

用途

節水への取組方法

節水量

歯みがき

流しっぱなしはしないでコップですすぐ。

約 6リットル

台所

野菜や食器を”ため洗い”する。

約 90リットル

お風呂

残り湯を洗濯、掃除、散水に使う。

約 90リットル

洗車

ホース洗いでなく、バケツにためて洗う。

約200リットル

 

4 参考 

【平成29年7月20日0時現在】

 (1) 1月~6月の降水量(秋ヶ瀬上流):311ミリメートル (平年の60%)

 (2) ダム貯水量(荒川上流4ダム):4、531万立方メートル(平年の64%)

 

5 問い合わせ先

 ・渇水対策全般に関すること

    土地水政策課 水計画調整担当 井上、岸本 

                            直通048-830-2190(内線2190)

 ・取水制限に関すること

   (水道用水)企業局水道管理課 岡村 

                            直通048-830-7071(内線7092)

   (農業用水)農村整備課 鈴木

                            直通048-830-4342(内線4331)

県政ニュースのトップに戻る