Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年7月 > 知事と市町村長による「トップフォーラム」~ 危機管理の要諦・転ばぬ先の杖~を開催します

ここから本文です。

 

発表日:2017年7月11日14時

県政ニュース

知事と市町村長による「トップフォーラム」~ 危機管理の要諦・転ばぬ先の杖~を開催します

部局名:危機管理防災部
課所名:危機管理課
担当名:危機管理担当
担当者名:大山・持田

内線電話番号:8131
直通電話番号:048-830-8131
Email:a3115-02@pref.saitama.lg.jp

 危機発生時に市町村が初動対応を適切に行うためには、平時からの備えを含め、トップである市町村長の役割が重要となります。

 そこで、災害等の危機発生に備え、市町村長と知事が危機意識を共有し、共通認識を深めるため、総務省消防庁と共催で市町村長を対象に「トップフォーラム」を開催します。

 トップフォーラムの概要

1 開催日時

 平成29年7月18日(火曜日)13時30分~15時30分

2 開催場所

 埼玉県危機管理防災センター 第1・第2災害対策室

 (さいたま市浦和区仲町3-5-8)

3 開催内容 

(1)講演

 ・「サイバーセキュリティ戦略」

 総務省政策統括官(情報セキュリティ担当)谷脇 康彦氏

 ・「災害時にトップがなすべきこと」

 兵庫県豊岡市長 中貝 宗治氏

(2)意見交換 

 講演内容を踏まえた豊岡市長、知事、市町村長との意見交換

4 主催

 埼玉県、総務省消防庁

5 参加者

 県内市町村長等 

 

【講師】

 谷脇 康彦(たにわき やすひこ)氏

 〇 総務省政策統括官(情報セキュリティ担当)

 〇 入省後は、主として情報通信政策に携わる。

 〇 2013年6月から内閣審議官・内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター副センター長として、サイバーセキュリティ基本法の制定、サイバーセキュリティ戦略の策定を含むサイバーセキュリティ政策の推進に携わった。

 〇 学術の分野では、2008年から慶応大学大学院メディアデザイン研究科特別招聘教授(非常勤)、2015年から東京大学大学院情報学環客員教授(非常勤)を務めている。

 〇 2017年7月から現職。

 

 中貝 宗治(なかがい むねはる)氏

 〇 兵庫県豊岡市長(現在4期目)

 〇 1954年、兵庫県豊岡市生まれ

 〇 京都大学法学部卒業後、兵庫県庁に入庁

 〇 1991年4月から兵庫県議会議員を2001年まで3期務める。

 〇 2001年7月、豊岡市長就任

 〇 2005年3月、合併による新市設置のため、豊岡市長退任

 〇 2005年5月、新「豊岡市」市長就任(現在4期目)

 〇 2004年、台風23号による水害で陣頭指揮に当たる。

 〇 2005年から中貝市長らが発起人となり、激甚な水害を経験した全国の市町村長が集まって意見交換や提言を行う場として水害サミットを毎年開催している。

 

県政ニュースのトップに戻る