Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年7月 > 県立川の博物館 特別展「神になったオオカミ~秩父山地のオオカミとお犬様信仰~」を開催

ここから本文です。

 

発表日:2017年7月4日14時

県政ニュース

県立川の博物館 特別展「神になったオオカミ~秩父山地のオオカミとお犬様信仰~」を開催

部局名:教育局
課所名:生涯学習文化財課
担当名:文化財活用・博物館担当
担当者名:見目

内線電話番号:6984
直通電話番号:048-830-6986
Email:a6910-07@pref.saitama.lg.jp

 県立川の博物館では、7月15日(土曜日)から特別展「神になったオオカミ~秩父山地のオオカミとお犬様信仰~」を開催します。

 日本国内では明治末期に絶滅したとされるオオカミですが、荒川上流に広がる秩父山地は、かつてオオカミの生息地でした。また、秩父山地一帯には「お犬様」と称してオオカミを祀る神社が多数あり、全国的にも特異な状況を示しています。

 本特別展では、動物としてのオオカミとともに、神として崇められたオオカミを取り上げ、秩父山地における人と動物との関わりを紹介します。

 

 ※ここで言うオオカミとはニホンオオカミを指し、また秩父山地とは埼玉県境を越えて群馬・長野・山梨・東京の各都県に広がる山地を指しています。

1 会期

 平成29年7月15日(土曜日)~9月3日(日曜日)

 ※会期中の休館日はありません。 

2 開館時間

 7月15日(土曜日)~7月20日(木曜日) 9時00分~17時00分

 7月21日(金曜日)~8月31日(木曜日)

 【平日】 9時00分~17時30分

 【土・日・祝日及び8月14日、15日】 9時00分~18時00分

 9月1日(金曜日)~9月 3日(日曜日) 9時00分~17時00分

 ※いずれも入館は閉館の30分前まで

3 会場

 県立川の博物館 第二展示室及び第一展示室スロープコーナー

 (大里郡寄居町小園39)

4 観覧料(入場料)

 一般410円、高校生・学生200円

 中学生以下、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

 ※ 常設展及び特別展が観覧できます。

5 交通案内

 自動車 関越自動車道花園ICから8分

 電車+徒歩 東武東上線鉢形駅下車徒歩20分

6 駐車料金

 普通車300円 バス1、020円

7 見どころ(展示構成)

 第1章 オオカミの絶滅

 ニホンオオカミは明治30年代に絶滅したとされていますが、絶滅する前の様子を示す、火縄銃等の狩猟用具や、オオカミに関する記載がある埼玉県内の文書資料を展示します。

 また、コラムのコーナーでは、ニホンオオカミの存在を信じて活動している方たちがいることや、シカ・イノシシを減らすためにタイリクオオカミの導入を呼びかけている団体があること等をあわせて取り上げます。

 

 第2章 遺されたオオカミ

 日本国内で3体のみ確認されているニホンオオカミの剥製のうちの1体(和歌山大学教育学部蔵)を展示します。

 展示期間:7月22日(土曜日)~8月20日(日曜日)

 

 第3章 描かれたオオカミ

 幕末から明治にかけて活躍した日本画家、河鍋暁斎(かわなべきょうさい)や江戸時代後期から明治にかけて活躍した秩父出身の彫刻家、森玄黄斎(もりげんこうさい)などが描いた狼絵を展示します。

 

 第4章 オオカミは神様だった

 秩父山地一帯にはオオカミを祀る神社が集中し(三峯神社など計21社)、全国的にも珍しい状況にあります。本特別展では各社にあるオオカミの石像や木像を取材し、会場には頒布している護符を全て展示します。

 また、三峯神社と寶登山神社に伝わる「お炊き上げ」(オオカミに御飯を供える神事)の様子や、多摩動物公園で展示されているタイリクオオカミの生態を取材した時に撮影した映像を編集し、映像コーナーで上映します。

 

 第5章 狼の昔話(第一展示室スロープコーナーにて展示)

 埼玉県内に伝わるオオカミ伝説を、イラストレーターとして活躍されている、山田だり氏の昔話風のイラスト付きで紹介します。

8 関連イベント

(1)ウッドクラフト「オオカミを作ろう」

 日時 7月29日(土曜日)13時00分~16時00分

 場所 県立川の博物館 講座室 

 内容 木彫の原型にヤスリがけと塗装を行い、オオカミの置物を作ります。

 講師 西岡 忠司 氏(深谷市 工房西岡)

 対象 高校生以上

 定員 20名

 費用 2,000円(材料費)

(2)講演会「ニホンオオカミと三峰」

 日時 8月6日(日曜日)13時30分~15時00分

 場所 県立川の博物館 ふれあいホール

 内容 三峯神社とオオカミについての講演

 講師 山口民弥 氏(秩父宮記念三峰山博物館名誉館長)

 定員 80名

 費用 無料

(3)バスツアー「オオカミを祀る神社めぐり」

 日時 8月18日(金曜日)9時00分~17時00分(予定)

 内容 秩父市内のオオカミ(お犬様)を祀る神社、三峯神社と猪狩神社を、学芸員の解説を聞きながらバスで巡り見学します。

 講師 大久根茂 氏(県立嵐山史跡の博物館専門員兼学芸員)

 対象 高校生以上

 定員 30名

 費用 4,000円(交通費)

 

 ※上記のイベントは、全て事前参加申し込みが必要です。各イベント開催日の1か月前から((1)6月29日(木曜日)~、(2)7月6日(木曜日)~、(3)7月18日(火曜日)~)、電話、FAX、e-mail、ホームページのイベント参加申し込みフォームのいずれかの方法で申し込みください。詳しくはホームページ(http://www.river-museum.jp/)を御覧ください。

 

 ※(3)バスツアーに関しては、県立川の博物館がイベントを企画し、旅行企画・実施を秩父観光興業株式会社(埼玉県知事登録旅行業 第2-109号)が執り行うイベントとなります。

9 問合せ先

 県立川の博物館

 電話 048-581-7333 ファックス 048-581-7332

 e-mail web-master@river-museum.jp 

 

 ※諸事情により開館時間、展示構成やイベントの内容などが予告なく変更、または中止になることがあります。

県政ニュースのトップに戻る