Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年6月 > 県立自然の博物館 企画展 「埼玉生きもの情報~最新レッドデータブックの世界~」を開催 - 埼玉の自然の「いま」がわかる! -

ここから本文です。

 

発表日:2017年6月23日14時

県政ニュース

県立自然の博物館 企画展 「埼玉生きもの情報~最新レッドデータブックの世界~」を開催 - 埼玉の自然の「いま」がわかる! -

部局名:教育局
課所名:自然の博物館
担当名:自然担当
担当者名:木山

直通電話番号:0494-66-0407
Email:t6604044@pref.saitama.lg.jp

 県立自然の博物館(長瀞町)では、平成29年7月1日(土曜日)から8月31日(木曜日)まで、
企画展「埼玉生きもの情報~最新レッドデータブックの世界~」を開催します。
 レッドデータブックに掲載されている絶滅のおそれのある生きものの実物標本を数多く展示するなどして、埼玉の自然の「いま」を紹介します。 

1 展示内容・見どころ

 レッドデータブックとは、生きものの絶滅のおそれを評価し、現状を解説した書籍です。
 本企画展では、レッドデータブックに掲載されている埼玉県の希少な生きものの現状や、なぜ少なくなったのかなどを、実際に標本を見ながら
学ぶことができます。
 「アツモリソウ」や「ハッチョウトンボ」など、埼玉県では絶滅してしまった生きものの標本も展示し、その特徴や絶滅してしまった原因などを
解説します。
 また、最近まで絶滅とされていたが、新たに生息地が見つかったものや、環境が変化して減少傾向にあるものなど、埼玉の最新生きもの情報に
ついても紹介します。
 絶滅のおそれのある生きものたちの現状から、埼玉県全体の自然環境がどのように変化し、「いま」どのような状況になっているのかを知ることが
できる展示になっています。
 ぜひ、お楽しみください。

2 企画展概要

(1)期間

 平成29年7月1日(土曜日)~8月31日(木曜日)

 9時00分~17時00分(入館は16時30分まで) ※7,8月は無休

(2)会場

 県立自然の博物館 2階企画展示室(秩父郡長瀞町長瀞1417-1)

(3)観覧料

 一般200円、高校生・大学生100円

 ※中学生以下及び障害者手帳をお持ちの方(介助者1名含む)は無料

(4)交通案内

 自動車 関越自動車道花園ICから30分(無料駐車場32台)

 電車 秩父鉄道上長瀞駅から徒歩5分

3 関連事業

 観察会「復活!宝蔵寺沼ムジナモ自生地を訪ねる」

 内容:近年ようやく復活した、野生のムジナモの花の観察に挑戦します。

 日時:7月30日(日曜日)10時00分~13時00分

 場所:羽生水郷公園、宝蔵寺沼およびその周辺(羽生市)

 参加費:300円

 申込:7月18日(火曜日)まで当館ホームページか往復ハガキでお申込みください。

4 問い合わせ先

 県立自然の博物館 自然担当 木山 加奈子

 電話:0494-66-0407 ファックス:0494-69-1002

 E-mail: t6604044@pref.saitama.lg.jp

 ホームページ: http://www.shizen.spec.ed.jp/

 公式Twitter: https://twitter.com/saitama_shizen

 

県政ニュースのトップに戻る