Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年6月 > 県立歴史と民俗の博物館 企画展 「くらべる古美術-見て考える美術のひみつ-」の開催

ここから本文です。

 

発表日:2017年6月22日14時

県政ニュース

県立歴史と民俗の博物館 企画展 「くらべる古美術-見て考える美術のひみつ-」の開催

部局名:教育局
課所名:歴史と民俗の博物館
担当名:展示担当
担当者名:西川・池田

直通電話番号:048-645-8171
Email:m410890@pref.saitama.lg.jp

 県立歴史と民俗の博物館では、平成29年7月15日(土曜日)から8月31日(木曜日)まで、企画展「くらべる古美術-見て考える美術のひみつ-」を開催します。

 この企画展では、博物館の収蔵品を中心に、美術品を色や形、モチーフなどのテーマごとに比較しながら古美術のやさしい楽しみ方をご紹介します。

 夏休み期間の開催となるため、夏休みの自由研究のヒントになるようなワークシートや、子供向けの講座も実施します。 

1 企画展の見どころ

(1)当館きっての名品が集結!

 県指定文化財「太平記絵巻(たいへいきえまき)」や、「源平合戦図屏風(げんぺいかっせんずびょうぶ)」など、当館の名品が多数展示されます。子供から大人まで、素晴らしい日本の美術品を鑑賞できるまたとない機会です。

(2)夏休みの自由研究に使える!

 夏休み企画として、子供たちが楽しく展示を鑑賞しながらクイズに答えていくワークシートや、美術のひみつカードなど、自由研究にぴったりの仕掛けをご用意しています。 

(3)大人も楽しめる!

 大人の方にも楽しんでいただけるよう、今さら聞けない!?古美術鑑賞の基礎知識をやさしくご紹介します。 

2 企画展の概要

【会期】 平成29年7月15日(土曜日)~8月31日(木曜日)

【休館日】 月曜日(ただし、7月17日は開館します)

【開館時間】 9時~17時00分(入館受付は16時30分まで)

【会場】 県立歴史と民俗の博物館 特別展示室

【観覧料】 一般400円、高校生・学生 200円

 20名以上の団体、一般250円、高校生・学生150円

 ※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料

【アクセス】 東武アーバンパークライン(野田線)大宮公園駅下車、徒歩5分

 ※駐車台数に限りがあります(18台)。公共交通機関を御利用ください。

【後援】 埼玉新聞社、テレ玉、FM NACK5

3 関連事業

(1)子供向け

 1) ジュニア博物館講座「くらべるミュージアム~美術鑑賞ことはじめ~」

  日時:平成29年8月11日(金・祝)10時30分~12時00分

  対象:小学校5,6年生、中学生

  内容:古美術のやさしい楽しみ方を実際に展示室でレクチャーします。

 2) 県立久喜図書館連携講座「こども美術講座」

  日時:平成29年7月27日(木曜日)10時00分~/13時00分~ 各回1時間程度

  対象:小学生以上 

 ※申込は県立久喜図書館(久喜市下早見85-5)窓口及び

  電話(0480-21-2659)で受け付けます。

  内容:美術に親しむための入門講座。美術鑑賞のはじめの一歩を楽しく学びます。

(2)大人向け

 1) 歴史民俗講座「不動明王像の諸相-企画展「くらべる古美術」によせて-」

  日時:平成29年8月19日(土曜日)14時00分~15時30分

  講師:西川真理子(当館学芸員)

  *企画展でもご紹介している“お不動さん”について詳しく解説します。

 

 詳細については、ホームページを御覧ください。

 http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/?page_id=496

 

県政ニュースのトップに戻る