Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年6月 > さいたま文学館 アフターファイブ文学講座「The怪談~怪異とサブカルチャー~」の開催と受講者募集

ここから本文です。

 

発表日:2017年6月13日14時

県政ニュース

さいたま文学館 アフターファイブ文学講座「The怪談~怪異とサブカルチャー~」の開催と受講者募集

部局名:教育局
課所名:生涯学習文化財課
担当名:さいたま文学館駐在
担当者名:諏訪

直通電話番号:048-789-1515
Email:mail@saitama-bungakukan.org

 さいたま文学館では、仕事や学校などで日中の講座を受講することができない方を対象に、19時から開講する「アフターファイブ文学講座」を開催します。

 今年度は、「The怪談~怪異とサブカルチャー」と題して、埼玉の妖怪伝説や怪談話などを扱います。

 講座は平成29年7月20日(木曜日)から8月17日(木曜日)までの間で全5回開催します。各回完結型の講座のため、興味のある回のみに応募することもできます。

 

概要

1 セールスポイント

(1)バラエティに富んだ講座内容

   ○さいたま文学館の企画展「さいたまの妖怪-絵で見る怖い話・不思議な話-」(当館・展示室)に合わせて実施する、夏の風物詩「怪談話」が楽しめる講座です。

   ○全5回、怪談話の「朗読」から「都市伝説」まで、バラエティに富んだ講座内容で、様々な分野で活躍中の方々が講師を務めます。

(2)興味のある回に応募が可能

         各回完結型の講座ですので、興味のある回の講座への応募が可能です。

        (1回のみの受講も可)

(3)社会人、学生も受講が可能

      19時開講ですので、お仕事や学校で日中の講座を受講できない方でもお申し込みいただけます。

2 日時及び内容

 時間は全て19時00分~20時30分(受付18時30分~)

月日

テーマ・講師

第1回

7月20日(木曜日)

朗読・古典怪談と埼玉の妖怪伝説

志月かなで  氏

第2回

7月27日(木曜日)

TV文化・サブカルチャーにおける都市伝説

都市ボーイズ(はやせやすひろ  氏、岸本 誠  氏)

第3回

8月3日(木曜日)

怪談紙芝居・小泉八雲の世界

志月かなで  氏

第4回

8月10日(木曜日)

鬼や妖怪に見られるアウトサイダーの民俗学

光益公映  氏

第5回

8月17日(木曜日)

埼玉の妖怪伝説

中沢 健  氏

 

3 対象及び申込み等

(1)対象 埼玉県内に在住・在勤・在学(高校生以上)の方

(2)定員 各回42名

(3)会場 さいたま文学館2階 講座室1

(4)費用 無料

(5)申込み

       申込方法:往復はがき(講座名(アフターファイブ文学講座)・受講希望日

                   (複数申込み可)・住所・氏名・年齢・電話番号を記載)

       申込先   :さいたま文学館

                 〒363-0022 桶川市若宮1-5-9

       締切      :7月10日(月曜日)【消印有効】

 

      ※申し込み多数の場合は抽選となります。

      ※高校生は各校に送付する専用申込用紙で申し込んでください。

 

4 問い合わせ

 さいたま文学館 諏訪(普及事業担当)

 電話 048-789-1515

県政ニュースのトップに戻る